• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(だいじゅうさんりょだん(じえいたい)){【第13旅団(自衛隊)】}; [#g7183422]
|>|概要|
|創設|1999年|
|所属国|日本国|
|部隊編制単位|[[旅団]]|
|兵種、任務、特性|[[自動車化>機械化]][[歩兵]]|
|上級部隊|[[中部方面隊]]|
|所在地|海田市駐屯地(広島県安芸郡海田町)|

JGSDF 13th Brigade.~
[[陸上自衛隊]]における[[戦略]]級部隊単位である「[[旅団]]」の一つ。~
~
本旅団の直接のルーツは、1962年に創設された「第13師団」である。~
同師団は1962年の[[師団]]制度発足を期に、[[旧第3管区隊>第3師団(自衛隊)]]の警備区域を分割し、第8・第15((香川県・善通寺駐屯地所在。現在は[[第14旅団>第14旅団(自衛隊)]]の隷下にある。))・第17の3個[[普通科]]連隊を基幹とする、中国・四国地方の防衛を受け持つ師団として発足した。~
その後、1981年に四国地方及び淡路島の防衛を第2混成団(現在の[[第14旅団>第14旅団(自衛隊)]])に移して((第15普通科連隊はこの時に第13師団の指揮下から外されている。))定員を9,000名→7,100名に削減、更に1999年に「[[旅団]]」へ再度規模縮小・改編されて現在に至っている。~
>なお、この改編は陸自では初となる「[[旅団]]」の編成となった。
同師団は1962年の[[師団]]制度発足を期に、[[旧第3管区隊>第3師団(自衛隊)]]の警備区域を分割し、第8・第15((香川県・善通寺駐屯地所在。現在は[[第14旅団>第14旅団(自衛隊)]]隷下の「即応機動連隊」となっている。))・第17の3個[[普通科]]連隊を基幹とする、中国・四国地方の防衛を受け持つ師団として発足した。~
その後、1981年に四国地方及び淡路島の防衛を[[第2混成団>混成団]](現在の[[第14旅団>第14旅団(自衛隊)]])に移して((第15普通科連隊はこの時に第13師団の指揮下から外されている。))定員を9,000名→7,100名に削減、更に1999年に「[[旅団]]」へ再度規模縮小・改編されて現在に至っている((なお、この改編は陸自では初となる「[[旅団]]」の編成となった。))。~
~
現在の本旅団は、司令部を広島県・海田市駐屯地に置き、3個[[普通科]]([[歩兵]])連隊を基幹とする約3,700名の兵員を擁し((兵力規模は列国の[[陸軍]]の「連隊戦闘群」程度である。))、中国地方(広島・岡山・山口・鳥取・島根の各県)の防衛警備・災害派遣・民生協力、または国際貢献活動などを任務にしている。~
>師団時代は、陸自の各師団中最低の充足率(全体で65%程度)だったが、旅団に縮小されたことで充足率が増し、隷下部隊の訓練環境などが大幅に改善されたという。

現在の本旅団は、司令部を広島県・海田市駐屯地に置き、3個[[普通科]]([[歩兵]])連隊を基幹とする約3,700名の兵員を擁し((師団時代は、陸自の各師団中最低の充足率(全体で65%程度)だったが、旅団に縮小されたことで充足率が増し、隷下部隊の訓練環境などが大幅に改善されたという。))、中国地方(広島・岡山・山口・鳥取・島根の各県)の防衛警備・災害派遣・民生協力、または国際貢献活動などを任務にしている。

**部隊編制 [#g04f813b]
-司令部(海田市駐屯地 以下地名)および司令部付部隊
--第8普通科連隊(米子)
--第17普通科連隊(山口)
--第46普通科連隊(海田市)
--第13戦車中隊(日本原)((同地には[[第14旅団>第14旅団(自衛隊)]]隷下の「第14戦車中隊」も駐留(警備担当区域である四国島内に演習地を確保できないため)。))
--第13戦車中隊(日本原)((師団時代は大隊編制であったが、実働兵力が中隊規模しかなかったため、中隊への改編に際しては戦車の余剰整理を行うだけだったという。))
--第13特科隊(日本原)
--第13偵察隊(出雲)
--第13高射特科中隊(日本原)
--第13飛行隊(防府)(([[航空自衛隊]]防府北基地内に所在。))
--第13施設中隊(海田市)
--第13後方支援隊(海田市)
--第13化学防護隊(海田市)
--第13通信中隊(海田市)
--第13音楽隊(海田市)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS