• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(だいいちへりこぷたーだん){【第1ヘリコプター団】}; [#q75e8ae1]
|>|概要|
|創設|1968年3月1日|
|所属国|日本国|
|部隊編制単位|[[団>旅団]]((実質、増強大隊程度。))|
|兵種、任務、特性|航空|
|上級部隊|[[中央即応集団]]|
|所在地|千葉県・木更津駐屯地|
|部隊編制単位|[[団>旅団]]|
|兵種、任務、特性|[[航空>航空団]]|
|上級部隊|[[陸上総隊]]|
|所在地|木更津駐屯地(千葉県木更津市)|

JGSDF 1st Hericopter Brigade~
[[陸上自衛隊]]に於ける唯一の[[旅団]]級航空部隊。~
[[陸上自衛隊]]に於ける唯一の[[戦略]]級航空部隊((編制は「[[(特科独立)旅団>旅団]]」に相当する「団」であるが、兵力は実質「増強独立大隊」程度である。))。~
~
本団のルーツは、1959年に航空学校隷下部隊として茨城県・霞ヶ浦駐屯地に編成された「第1ヘリコプター隊」である。~
その後、1968年に現在の「第1ヘリコプター団」へ改編され、ベースを木更津に移して現在に至っている。~
本団のルーツは、1959年に航空学校の隷下部隊として茨城県・霞ヶ浦駐屯地にて編成された「第1ヘリコプター隊」である。~
その後、1968年に現在の「第1ヘリコプター団」へ改編され、現在のベースである木更津駐屯地へ移駐した。~
~
現在の本団は、[[CH-47J/JA>CH-47]]を4個飛行隊((各飛行隊は、[[アメリカ陸軍]]の基準に照らし合わせると中隊程度の規模である。))に集中配備する他、第102飛行隊に[[UH-60JA>UH-60]]を配備し、[[第1空挺団]]や[[特殊作戦群>陸上自衛隊特殊作戦群]]と密接に連携して[[空中機動>ヘリボーン]]を行う部隊である。~
今後、上級組織である[[中央即応集団]]司令部が[[陸上総隊]]司令部へ改編されることが検討されており、実現の暁には陸上総隊の直轄部隊になる予定である。

創設以来、本団は[[陸上幕僚監部]]の直属部隊であったが、2007年に[[中央即応集団]]が創設された際、同集団の隷下に移され、2018年には[[陸上総隊]]の創設に伴い、その直轄下に移されている。~
~
現在の本団は、[[CH-47J/JA>CH-47]]を隷下の4個飛行隊((各飛行隊の[[保有機数>フリート]]は、[[アメリカ陸軍]]の基準に照らし合わせると中隊程度(8機〜10機)の規模である。))に集中配備する他、第102飛行隊に[[UH-60JA>UH-60]]を配備し、[[第1空挺団]]や[[特殊作戦群>陸上自衛隊特殊作戦群]]と密接に連携して[[空中機動>ヘリボーン]]を行う部隊である。~
また、隷下の「特別輸送ヘリコプター隊」に「[[政府専用機]]」である[[EC225LP>シュペルピューマ]]を配備し、皇族や内閣総理大臣などの要人輸送も任務とする。~
~
**部隊編成 [#kda627fa]
-団本部・本部管理中隊
-第1ヘリコプター群:CH-47J/JA
-第1ヘリコプター群([[CH-47J/JA>CH-47]]を装備)
--第103飛行隊
--第104飛行隊
--第105飛行隊
--第106飛行隊
-第102飛行隊:[[UH-60JA>UH-60]]/[[OH-6D>OH-6]]
-特別輸送ヘリコプター隊:[[EC-225LP>シュペルピューマ]](皇室、内閣総理大臣の移動の際に使用)
-連絡偵察飛行隊:LR-2((本州の各航空部隊に属する連絡偵察機の集中運用を目的に、本部管理中隊、東北、東部、中部方面航空隊の[[LR-1>MU-2]]/LR-2を2006年3月27日に配置換えした。))
-第102飛行隊([[UH-60JA>UH-60]]/[[OH-6D>OH-6]]を装備)
-特別輸送ヘリコプター隊([[EC-225LP>シュペルピューマ]]((皇室・内閣総理大臣など、要人の近距離移動に使用される機体で、[[アメリカ海兵隊]]の「[[マリーン・ワン>エアフォースワン]]」([[VH-3>SH-3]]/[[VH-60>UH-60]])に相当する。))を装備)
-連絡偵察飛行隊([[LR-2]]を装備)((本州の各航空部隊に属する連絡偵察機の集中運用を目的に、本部管理中隊、東北、東部、中部方面航空隊の[[LR-1>MU-2]]/[[LR-2]]を2006年3月27日に配置換えした。))
-第1ヘリコプター野整備隊


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS