【大陸間弾道ミサイル】(たいりくかんだんどうみさいる)

(Intercontinental ballistic missile ICBM)

ミサイルの有効射程距離がとても長く、北米大陸からユーラシア大陸など、大洋に隔てられた大陸間を飛翔することが出来る弾道ミサイルのことである。

米ソ間では「戦略兵器交渉」いわゆる「SALT」で射程距離5,500勸幣紊涼篤札潺汽ぅ襪ICBMに定義された。

主な大陸間弾道ミサイル

  • アメリカ
    • MGM-16「アトラス」
    • MGM-25/LGM-25「タイタン」
    • LGM-30「ミニットマン//掘
    • XMGM-134「ミゼットマン」(開発中止)
    • LGM-118「ピースキーパー」
  • ソビエト/ロシア
    • R-9 (SS-8、Sasin)
    • R-36「ヴォエヴォーダ」(SS-18「サタン」)
    • R-7(SS-6「サップウッド」)
    • R-16(SS-7「サドラー」)
    • RT-2(SS-13「サヴェージ」)
    • RT-21(SS-16 Sinner)
    • R-36(SS-9「スカルプ」)
    • UR-100N(SS-19「スティレット」)
    • MR UR100(SS-17「スパンカー」)
    • RT-23「モロデーツ」(SS-24「スカルペル」)
    • RT-2PM「トーポリ」(SS-25「シックル」)
    • RT-2PM2「トーポリM」(SS-27「シックル」)
  • 中国
    • 東風5号(DF-5)
    • 東風31号(DF-31)
    • 東風41号(DF-41)
  • 北朝鮮

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS