【大韓航空007便撃墜事件】(だいかんこうくうぜろぜろななびんげきついじけん)

1983年9月1日、宗谷海峡上空で大韓民国のフラッグキャリア・大韓航空のB747-230旅客機*1ソ連防空軍戦闘機によって撃墜された事件。

被害機は当日、ニューヨーク発・アンカレッジ経由ソウル行きの007便として飛行していた。
しかし出発の際、乗員が慣性航法装置の設定を誤ったため、所定の航路を逸脱してソ連領空へ侵入してしまった。
これを察知したソ連当局は、同機をアメリカ空軍威力偵察のために飛行させた偵察機と判断し、対領空侵犯措置スクランブル)の実施を発令した。

スクランブル出動した戦闘機(Su-7/Su-15)のパイロットは「領空侵犯した」同機に追いつき視認するも、深夜であったため詳細の判断ができなかった。
それでも辛うじて旅客機特有の特徴をいくつか見て取ったものの、欺瞞工作を施された偵察機であると判断し、無警告*2空対空ミサイルにより攻撃。
機体は操縦不能状態で海上に墜落して爆散、乗客240名・乗員29名*3全員が死亡した。

この事件を契機に国際民間航空条約(シカゴ条約)が改定され、領空侵犯した民間機の撃墜が明示的に禁じられた*4


*1 登録記号HL7442。
*2 機関砲による警告射撃を行ったものの、発射したのは徹甲弾で光跡の見える曳光弾を積んでおらず、旅客機からは射撃が見えなかった。
*3 うち6名はデッドヘッドとして便乗していた非番の社員。
*4 事件当時、国際民間航空機関(ICAO)理事会では「民間機の要撃は避けることが望ましく、『最後の手段』としてのみ用いること」「いかなる場合も武器の使用は慎むこと」を勧告していた。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS