【全翼機】(ぜんよくき)

機体の全体が主翼となっており、主翼と胴体の区別ができない飛行機
ブーメランに似た外観を持ち、全体が翼なので翼面荷重を小さくすることができる。
しかし機体の安定を得ることが難しく、また大きさの割に全幅?が大きくなるという短所がある。
ユンカースホルテン?ノースロップなどが研究をおこなっていたが、実用例は少なく、Me163?B-2など。

主翼と胴体の境目がないため、レーダー反射面積が小さいという特長がある。
この利点はドイツのHo229?で既に意識されていたが、敗戦のため実用化には至らなかった。
後にアメリカのYB-49?が試験飛行中にレーダーから見失われたことがきっかけで見直され、B-2に応用された。

無尾翼機の一種であり、垂直尾翼を備えている場合も多いが、Ho229?B-2などは垂直尾翼も存在しない完全な無尾翼機である。

※全翼機について詳しいHPへのリンク
・全翼機の世界
 http://www2s.biglobe.ne.jp/~FlyWing/FlyingWing.html


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS