【川崎重工業】(かわさきじゅうこうぎょう)

川崎重工業株式会社
(KHI: Kawasaki Heavy Industries)

オートバイや航空機、船舶、鉄道車両などの製造を行っている日本の機械メーカー。川崎重工とも略される。
本社は兵庫県神戸市に所在する。

もともとは1878年、東京・築地に「川崎築地造船所」として設立されたが、大規模な工場の敷地を求めて1896年に神戸へ移転し「川崎造船所」となった。
1918年から航空機の製造を開始し、1937年にこの部門を「川崎航空機」として分社する一方*1、本体は1939年に現在の社名「川崎重工業」となった。
戦後の1969年に分社していた3部門を合併し*2、ほぼ現在の体制となる。

創業分野である造船部門*3は多くの艦船を世に送り出している。
特に潜水艦に関しては戦前から多数を手がけており、日本の先駆者的存在である。現在は三菱重工業神戸造船所とシェアを二分する。*4

航空機分野で有名な製品には、第二次世界大戦時代の飛燕や、戦後に自衛隊へ納入されたOH-1C-1T-4、独MBB社*5と共同生産した商用ヘリコプター・BK117などがある。
また、これ以外に日本や欧米の一部メーカーの旅客機製作にも(コンポーネントの一部製作という形で)協力している。

メーカーホームページ
川崎重工業:http://www.khi.co.jp/

関連:B767 B777 B787 A321 YS-11 US-2 

主な製品

  • 戦闘機
    • 九二式戦闘機?
    • 九五式戦闘機?
    • 屠龍?
    • キ102?
    • 五式戦闘機?
    • 飛燕
    • F-2(コンポーネントの一部製作)
  • 偵察機/爆撃機
    • 八八式偵察機
    • 八八式軽爆撃機
    • 九三式単軽爆撃機
    • 九八式軽爆撃機
    • 九九式双発軽爆撃機
  • 実験機
    • 研三(キ78)
    • 飛鳥(NAL(科学技術庁航空宇宙技術研究所)との共同開発)

*1 車両部門も1928年に「川崎車輌」として独立している。
*2 製鉄部門である「川崎製鉄」は吸収されず、後に日本鋼管と合併して「JFEスチール」となっている。
*3 2002年に川崎造船として分社したが、2010年10月に再度合併。
*4 現在は毎年、川崎・三菱の2社で1隻づつ交互に建造し、海自に納入している。
*5 現在のユーロコプター社の前身の一つ。
*6 ボーイング・バートルV-107(アメリカ軍での制式呼称はCH-46)をライセンス生産したもの。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS