• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(せいけいちゅうすうしだん){【政経中枢師団】}; [#y5a3f086]
[[陸上自衛隊]]における[[師団]]のタイプ別分類の一つで、装備・部隊構成を市街地での[[CQB]]に最適化したもの。~
[[防衛省]]内部での公式な分類は「即応近代化師団(政経中枢型)」と呼ばれている。~
~
[[東部方面隊]]隷下の[[第1師団>第1師団(自衛隊)]](司令部所在地:東京都練馬区・練馬駐屯地)、及び[[中部方面隊]]隷下の[[第3師団>第3師団(自衛隊)]](司令部所在地:兵庫県伊丹市・千僧駐屯地)がこれにあたる。~
~
従来、陸自の師団([[機甲師団>機甲部隊]]である[[第7師団>第7師団(自衛隊)]]を除く)は「甲師団(人員約9,000名)」、「乙師団(人員約7,000名)」の2タイプに分かれており、部隊構成は各師団とも「[[普通科]]([[歩兵]])連隊3ないし4・[[特科]]([[砲兵]])連隊1・[[戦車大隊>機甲部隊]]1を基幹」と、基本的に差はなかった((これは、有事の際に敵が着上陸侵攻してきた地域へ増援として送られることを考慮したものと考えられる。))。~
しかし、1990年代〜2000年代にかけての[[冷戦]]終結や[[国家総力戦]]思想の退潮に伴って、日本周辺を取り巻く軍事的環境が大きく変化したことを受けて、地域の特性に合わせた編制が求められることになった。~
~
このことから、日本の政治・経済・産業・文化の中心地である首都圏及び近畿広域圏((大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県・和歌山県の2府4県を指す。))を守備範囲とする第1・第3師団については、本土に着上陸侵攻をもくろむ[[仮想敵国]]の正規部隊との正面戦闘よりも、軽装備・少数単位で重要拠点に潜入して種々の破壊工作を目論む[[特殊部隊>特殊部隊(軍事)]]や[[ゲリラ]]・[[テロリスト]]への対応に適合した改編が行われることになった。~
~
関連:[[近衛師団]]

**改編の内容 [#zd4a1f24]
具体的な改編の内容としては次のようなものがある。
-[[主力戦車]]・[[野砲>野戦砲]]の削減と部隊単位の縮小~
[[師団戦車大隊>機甲部隊]]隷下部隊の数を削減(3〜4個中隊編制→2個中隊編制・[[74式戦車]]40〜50両→約20両(([[第1師団>第1師団(自衛隊)]]には[[10式戦車]]も配備。)))すると共に、[[特科]]は連隊編制→「隊(大隊規模)」編制([[FH70]]・155mm[[牽引式野砲>牽引砲]]約40門→約20門)になった。~
[[師団戦車大隊>機甲部隊]]隷下部隊の数を削減(3〜4個中隊編制→2個中隊編制・[[74式戦車]]40〜50両→約20両(([[第1師団>第1師団(自衛隊)]]には[[10式戦車]]も配備。))((今後、74式戦車の老朽代替として[[16式機動戦闘車]]も配備の予定。)))すると共に、[[特科]]は連隊編制→「隊(大隊規模)」編制([[FH70]]・155mm[[牽引式野砲>牽引砲]]約40門→約20門)になった。~
-[[普通科]]([[歩兵]])部隊の[[機動力]]向上と装備の軽量化~
[[軽装甲機動車]]・[[96式装輪装甲車]]などの装輪戦闘車両が多く配備され、道路網が整備されている市街地地域における機動力を向上させた。~
また、普通科連隊に配置されていた[[重迫撃砲>迫撃砲]]中隊が廃止され、替わって[[狙撃]]班が編成された。
-[[NBC>NBC兵器]]防護力の強化~
師団司令部の直接指揮下に[[NBC>NBC兵器]]防護中隊を編成。
師団司令部の直接指揮下に[[NBC>NBC兵器]]防護中隊(特殊武器防護隊)を編成。
-総兵員数のコンパクト化~
部隊数の削減・コンパクト化により、従来の約9,000名(第3師団は約7,000名)→約6,500名に縮小((これは、かつて陸自にあった「[[(番号つき)混成団>混成団]]」、あるいは一般的な陸軍における「[[(独立混成)旅団>旅団]]」とほぼ変わらない兵力である。))。

これらの施策により、現代的な脅威への対応力を増すことを目指している。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS