• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(あきつしま){【秋津島】}; [#z416b5d4]
日本列島のひとつを構成する「本州島」の古名。「秋津州」とも。(原義)~
日本列島のひとつを構成する「本州島」の古名。「秋津洲」とも。(原義)~
明治以後、日本の戦闘艦艇の名前として幾度か使われた。~
~
+[[大日本帝国海軍>日本軍]]・[[防護巡洋艦>巡洋艦]]「秋津州」。~
明治22年度(1889)計画で建造された[[防護巡洋艦>巡洋艦]]。~
わが国で建造された近代戦闘艦艇としては初めて、設計から建造まで一貫して国内で行われた艦でもあった。~
+[[大日本帝国海軍>日本軍]]・[[防護巡洋艦]]「秋津洲」。~
明治22年度(1889)計画で建造された[[防護巡洋艦]]。~
日本で初めて一貫して国内で設計・建造された近代戦闘艦艇であった。~
なお、建造に当たってはアメリカの防護巡洋艦「ボルチモア」をタイプシップとしている。~
~
[[日清戦争]]・[[日露戦争]]及び[[第一次世界大戦]]((この時は既に[[海防艦]]籍であった。))に参加した後、1921年に特務艦(潜水艦母艇)に艦種変更、昭和のはじめに除籍・解体された。~
[[日清戦争]]・[[日露戦争]]の各作戦や[[第一次世界大戦]]の青島攻略戦((この時は既に二等[[海防艦]]籍であった。))に参加した後、1921年に特務艦(潜水艦母艇)に艦種変更、昭和のはじめに除籍され、横須賀で解体された。~
~
【スペックデータ】~
|>|CENTER:''性能諸元''|
|艦種|防護巡洋艦|
|起工|1890.3.15|
|進水|1892.7.7|
|就役|1894.3.31|
|除籍|1927.1.10(1927.7.29に売却、解体)|
|除籍|1927.1.10|
|備考|1927.7.29に売却、解体|
|主建造所|横須賀造船部|
|[[常備排水量]]|3,150t|
|常備排水量|3,150t|
|全長|91.8m|
|全幅|13.1m|
|吃水|5.3m|
|機関|形式不明石炭専焼円缶×6基&br;横置型3気筒3段膨脹式レシプロ機関×2基2軸推進 (最大出力:8,400shp)|
|[[喫水]]|5.3m|
|[[機関>エンジン]]|石炭専焼円缶×6基&br;横置型3気筒3段膨脹式[[レシプロ機関>レシプロエンジン]]×2基2軸推進|
|機関出力|8,400shp(最大)|
|最大速力|19.0[[kt>ノット]]|
|燃料|石炭:500t(常備)/800t(満載)|
|[[燃料]]|石炭:500t(常備)/800t(満載)|
|乗員|330名|
|兵装|アームストロング 1892年型 40口径15.2cm単装速射砲×4基&br;アームストロング 1894年型 40口径12cm単装速射砲×6基&br;オチキス 40口径4.7cm単装機砲×8基&br;35.6cm水中魚雷発射管×単装4基|
|兵装|アームストロング 1892年型40口径15.2cm単装速射砲×4基&br;アームストロング 1894年型 40口径12cm単装速射砲×6基&br;オチキス 40口径4.7cm単装機砲×8基&br;35.6cm水中魚雷発射管×単装4基|
|[[装甲]]|甲板:76mm(主甲板)&br;防盾:114mm(最厚部)&br;司令塔:114mm(最厚部)|
~
+大日本帝国海軍・[[水上機]]母艦「秋津州」。~
[[大東亜戦争]]前の昭和14年度(1939)計画で発注・建造され、1942年に就役した水上機母艦。~
+大日本帝国海軍・[[水上機]]母艦「秋津洲」。~
[[大東亜戦争]]前の昭和14年度(1939年)計画で発注・建造され、1942年に就役した水上機母艦。~
同型艦に「千早」があった((こちらは起工直後に建造中止となっている。))。~
~
名目上は「水上機母艦」であったが、実際には着水した[[飛行艇]]への補給・整備が主任務であったため「飛行艇母艦」とも呼ばれていた。~
また、基地設営や物資・魚雷艇の輸送、[[工作艦]]任務などにも活躍した。~
~
1944年、フィリピン・コロン湾で[[アメリカ軍]][[艦載機]]の攻撃を受けて戦没した。~
~
【スペックデータ】~
|>|CENTER:''性能諸元''|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[公試>公試排水量]])|4,650t/5,000t|
|全長|114.8m|
|全幅|15.8m|
|吃水|9.69m(公試平均)|
|主機|艦本式22号10型[[ディーゼル>ディーゼルエンジン]]×4基2軸推進(出力8,000hp)|
|速力|19kt|
|[[航続距離]]|8,000nm/14[[kt>ノット]](重油455t)|
|乗員|545名|
|兵装|(竣工時)&br;40口径12.7cm連装[[高角砲>高射砲]]×2基&br;25mm連装機銃×2基&br;&br;(最終時)&br;40口径12.7cm連装高角砲×2基&br;25mm3連装機銃×6基&br;25mm単装機銃×3挺|
|水線長|113m|
|垂線間長|108.7m|
|水線幅|15.8m|
|深さ|9.65m|
|[[喫水]]|5.4m(公試平均)|
|主機|艦本式22号10型[[ディーゼル>ディーゼルエンジン]]×4基(フルカンギア接続)&br;(出力8,000hp)|
|補助缶|ホ号艦本式缶(空気余熱器付)×2基|
|推進器|2軸(350rpm、直径2.5m、ピッチ2.2m)|
|電源|200KVA[[ディーゼル>ディーゼルエンジン]]発電機×2基&br;2,770KVAディーゼル発電機×1基|
|速力|19[[kt>ノット]]|
|[[燃料]]|重油:455t(満載)|
|[[航続距離]]|8,000nm/14[[kt>ノット]]|
|乗員|545名(計画)&br;338名(竣工時定員)|
|兵装&br;(竣工時)|八九式40口径12.7cm連装[[高角砲>高射砲]]×2基&br;25mm連装機銃×2基&br;九四式[[爆雷]]投射機×1基&br;爆雷×36個|
|兵装&br;(最終時)|八九式40口径12.7cm連装高角砲×2基&br;25mm機銃(3連装×6基・単装×3挺)|
|航空機|[[飛行艇]]1機搭載可能(停泊時)|
|補給物資|航空燃料:689t&br;[[航空魚雷]]:36本&br;800kg航空爆弾:30個&br;500kg航空爆弾:15個&br;250kg・50kg航空爆弾:100個|
|設備|35tジフクレーン×1基|
|搭載艇|9m[[内火艇]]×1隻、12m内火ランチ×2隻、9mカッター×2隻、6m通船×1隻|
|補給物資|航空燃料:689t&br;[[航空魚雷]]:36本&br;航空爆弾:800kg×30個、500kg×15個、250kg・50kg×100個&br;糧食・真水&br;魚雷艇×5隻(最終時)|
|[[レーダー]]|21号電探7型×1基(最終時)|
|設備|35t電動クレーン×1基&br;臨時の工作艦設備(最終時)|
~
【同型艦】~
|艦名|主建造所|起工|進水|就役|除籍|備考|
|秋津州|[[川崎・神戸>川崎重工業]]|1940.10.29|1941.7.25|1942.4.29|1944.11.10|1944.9.24戦没|
|千早|[[川崎・神戸>川崎重工業]]|1942.7.25||||建造中止、解体|
|第5031号艦&br;第5032号艦&br;第5033号艦||||||改マル5計画で計画&br;後に建造取りやめ|
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|CENTER:艦名|CENTER:主建造所|CENTER:起工|CENTER:進水|CENTER:就役|CENTER:除籍|CENTER:備考|
|CENTER:秋津洲|[[川崎・神戸>川崎重工業]]|1940.10.29|1941.7.25|1942.4.29|1944.11.10|1944.9.24戦没|
|CENTER:千早&br;(仮称第303号艦)|~|1942.7.25|>|>|>|CENTER:戦時建造計画(マル急計画)で計画&br;起工直後に建造中止、解体|
|第5031号艦|>|>|>|>|>|CENTER:改マル5計画で計画、後に建造取りやめ|
|第5032号艦|~|~|~|~|~|~|
|第5033号艦|~|~|~|~|~|~|
~
+[[海上保安庁]]・[[ヘリコプター]]2機搭載型(長距離警備)巡視船「あきつしま(JCG Akitsushima PLH-32)」。~
日本列島周辺海域(日本国の[[排他的経済水域]])における海賊行為や海上テロ活動への対処、[[船舶検査>拿捕]]などに従事するため、重武装かつ長距離警備対応可能な巡視船として設計・建造された船である。~
日本列島周辺海域(日本国の[[排他的経済水域]])における[[海賊行為>海賊]]や海上テロ活動への対処、[[船舶検査>拿捕]]などに従事するため、重武装かつ長距離・長期間の警備行動に対応可能な巡視船として設計・建造された船である。~
準同型船に「れいめい」「あかつき」がある。~
~
海保ではこの任務に対応できる巡視船として、1990年代に建造された「[[しきしま]]」を運用しているが、同船は元々、使用済み[[核燃料>放射性物質]]輸送船の護衛用として造られた特殊設計の巡視船であり、姉妹船がないため、運用できる局面が非常に限られる((特に、同船が補修・点検や改修のためにドック入りしてしまうと、適任な船がなくなって対処が難しくなってしまう。))ことが欠点であった。~
これを補完すべく、同船をベースとしつつも各種の改良を施した((搭載の[[機関砲]]を[[L-90]]から「ひだ」型巡視船に搭載のものと同型の40mm機関砲(ボフォース社製 トリニティMk.3)に換装するなど。))「準同型船」として設計・建造されたのが本船である。~
2013年11月28日に就役し、「[[しきしま]]」と同じく横浜海上保安部の所属となった。
海保ではこの任務に対応できる巡視船として、1990年代に建造された「[[しきしま]]」を運用しているが、同船は元々、[[使用済み核燃料>プルトニウム]]輸送船の護衛用として造られた特殊設計の巡視船であり、姉妹船がないため、運用できる局面が非常に限られる((特に、同船が補修・点検や改修のためにドック入りしてしまうと、適任な船がなくなって対処が難しくなってしまう。))ことが欠点であった。~
これを補完すべく、同船をベースとしつつも各種の改良を施した((搭載の[[機関砲]]を[[L-90]]から「ひだ」型巡視船に搭載のものと同型の40mm機関砲(各国海軍の[[フリゲート]]や[[駆逐艦]]にも採用されているボフォース社製 トリニティMk.3)に換装するなど。))「準同型船」として設計・建造されたのが本船である。~
~
本船は準同型船である海保最大の巡視船「[[しきしま]]」より武装が充実しており、世界でも有数の強力な警戒監視能力を持った巡視船である。~
2013年11月28日に就役し、「[[しきしま]]((2018年、鹿児島海上保安部へ配属替えとなっている。))」と同じく横浜海上保安部の所属となった。~
~
2015年4月、天皇・皇后両陛下(当時)がパラオ共和国を御訪問された際には、本船が宿泊施設として用いられた。~
>本船が選定された理由としては、パラオ国際空港((なお余談ながら、同空港は[[滑走路]]が短く、日本の[[政府専用機]](当時)・[[B747-47C]]が着陸できなかった([[B747-400]]の離着陸には、2500〜3000m級の滑走路が必要となる)ため、日本との往復には[[全日本空輸]]のチャーター機([[B767-300ER>B767]])が用いられていた。))と訪問先のひとつであるペリリュー島との距離がありすぎたことや、移動に[[ヘリコプター]]が用いられたためであり、海保の他の巡視船に比して[[ペイロード]]の多いことが決め手になったとみられる。~
なお、天皇陛下の外国御訪問に巡視船が使われるのは初めてのことである。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS