• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(じえいかんたい){【自衛艦隊】}; [#c7adb6b6]
JMSDF Self Defense [[Fleet>フリート]].~
~
[[海上自衛隊]]の組織のひとつで、防衛大臣−[[統合幕僚監部]]−[[海上幕僚監部]]に直結し、「護衛艦隊」「潜水艦隊」「航空集団」「掃海隊群」などの正面戦闘部隊を指揮下に置く高等司令部。~
[[旧海軍>日本軍]]では「[[連合艦隊]]」に相当する組織であり、[[有事]]には指揮官である「自衛艦隊司令官」がフォースユーザー(事態対処責任者)となり、地方総監部と共に隷下組織から兵力を提供されて海洋戦力の運用に当たる。~
>現在、自衛艦隊司令官には諸外国の[[海軍中将>中将]]に相当する[[海将(乙)>将(自衛官)]]があてられているが、[[陸上自衛隊]]に於いて[[陸上総隊]]の創設が決定したため、[[陸将(甲)>将(自衛官)]]を充てるであろう陸上総隊司令官と同格の地位とするため、[[海将(甲)>将(自衛官)]]とするものと思われる。~
>現在、自衛艦隊司令官には諸外国の[[海軍中将>中将]]に相当する[[海将(乙)>将(自衛官)]]があてられているが、[[陸上自衛隊]]に於いて[[陸上総隊]]の創設が決定したことから、([[陸軍大将>大将]]にあたる)[[陸将(甲)>将(自衛官)]]を充てるであろう陸上総隊司令官と同格の地位とするため、将来的には、([[海軍大将>大将]]にあたる)[[海将(甲)>将(自衛官)]]とするものと思われる((同様に、[[航空自衛隊]]の[[航空総隊]]司令官も従来の[[空将(乙)>将(自衛官)]]から[[空将(甲)>将(自衛官)]]になるものと思われる。))。~

創設当初は「[[旗艦]]」制度があり、司令部は[[護衛艦]]に乗っていた((当時、旗艦を務めていたのは「[[あきづき(DD-960)>秋月]]」であった。))が、1961年に陸上(神奈川県・横須賀基地)へ移転した。~
~
**主な構成 [#g5c15684]
-自衛艦隊司令部(神奈川県・横須賀)
--護衛艦隊([[水上艦]]部隊・フォースプロバイダー((錬度管理責任者。平時における所轄部隊・兵員の練成を行い、フォースユーザーの要求に応じて供出できるようにしておくことが業務(以下同じ)。)))
---第1〜第4護衛隊群(外洋戦闘部隊)
---第11〜第15護衛隊(近海警備部隊((以前は各地方総監部の隷下にあった。)))
---第1輸送隊(揚陸戦部隊)
---第1海上補給隊([[兵站]]部隊)
---第1海上訓練支援隊
---海上訓練指導隊群
--潜水艦隊
---第1潜水隊群
---第2潜水隊群
--航空集団(基地航空隊・フォースプロバイダー)
---第1・第2・第4・第5航空群([[固定翼哨戒機>対潜哨戒機]]部隊)
---第21・第22航空群([[哨戒ヘリ>対潜ヘリコプター]]部隊(([[護衛艦]]に搭載される[[対潜ヘリコプター]]は本航空群隷下部隊に属しており、必要に応じて艦へ派遣される形を採っている。)))
---第1・第2・第4・第5[[航空群>航空団]]([[固定翼哨戒機>対潜哨戒機]]部隊)
---第21・第22航空群([[哨戒ヘリ>対潜ヘリコプター]]部隊(([[護衛艦]]に搭載される[[哨戒ヘリコプター>対潜ヘリコプター]]は本航空群隷下部隊に属しており、必要に応じて艦へ派遣される形を採っている。)))
---第31航空群([[捜索救難]]・[[偵察]]・訓練支援部隊)
---第51航空隊(試験・研究部隊)
---第61航空隊(輸送部隊)
---第111航空隊(掃海ヘリ部隊)
---第1航空修理隊
---第2航空修理隊
---航空管制隊
---[[機動施設隊>工兵]]
--掃海隊群([[機雷]]戦部隊)
--掃海隊群([[機雷]]戦・揚陸戦部隊)
---第1掃海隊
---第2掃海隊
---第51掃海隊
---第3掃海隊
---第101掃海隊
---第1輸送隊(揚陸戦部隊)
--開発隊群
---艦艇開発隊
---指揮通信開発隊
---航空プログラム開発隊
---鹿児島試験所
--情報業務群
--海洋業務群
--対潜資料隊
--気象資料管理隊
--沖縄海洋観測所
--下北海洋観測所
--特別警備隊([[特殊部隊]])
--海洋業務・対潜支援群
--特別警備隊([[特殊部隊>特殊部隊(軍事)]])


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS