【珊瑚海海戦】(さんごかいかいせん)

 
戦争  太平洋戦争(大東亜戦争)
年月日 1942年5月8日
場所  珊瑚海
交戦勢力大日本帝国 対 アメリカ、オーストラリア
結果  日本軍の戦術的勝利・米豪連合軍の戦略的勝利
指揮官日本海軍帝国海軍第四艦隊指令(MO作戦指令):井上成美中将
連合国軍米国海軍第17機動部隊指令:フランク・J・フレッチャー少将
戦力  日本海軍空母3隻(翔鶴瑞鶴祥鳳?
重巡6隻(妙高型?:『妙高』『羽黒』、青葉型?:『青葉』『衣笠』、古鷹型?:『古鷹』『加古』)
軽巡3隻(天龍型?:『天龍』『龍田』、夕張型?:『夕張』)
駆逐艦12隻
吹雪型?:『曙』『潮』『漣』、初春型?:『有明』『夕暮』、白露型?:『白露』『時雨』、神風型?:『追風』
『朝凪』、睦月型?:『睦月』『弥生』『望月』)
その他、輸送艦、補給艦、掃海艇などの支援艦艇

内訳:
MO機動部隊:
第五航空戦隊:空母『翔鶴』『瑞鶴』
第五戦隊:重巡『妙高』『羽黒』
第7駆逐隊:駆逐艦『潮』『曙』
第27駆逐隊:駆逐艦『有明』『夕暮』『時雨』『白露』
補給部隊:輸送艦『東邦丸』

MO攻略部隊:
第6戦隊:空母『祥鳳』、重巡『青葉』『加古』『衣笠』『古鷹』、駆逐艦『漣』

援護部隊:
第18戦隊:軽巡『天龍』『龍田』
水偵機隊:『神川丸』『聖川丸』
特設砲艦隊:『日海丸』『京城丸』『勝泳丸』
特設掃海艇×2隻

ポートモレスビー攻略部隊:
第6水雷戦隊:軽巡『夕張』、駆逐艦『追風』『朝凪』『睦月』『望月』『弥生』、敷設艦『津軽』、
掃海艇『第20号』、輸送艦艇×12隻
連合国軍空母2隻(ヨークタウンレキシントン
重巡7隻(ニューオーリンズ級?:『ニューオーリンズ』『ミネアポリス』『アストリア』、ノーザンプトン級?
『チェスター』『シカゴ』、ポートランド級?:『ポートランド』、ケント級?:『オーストラリア』(HMAS))
軽巡1隻(パース級?(HMAS):『ホバート』)
駆逐艦13隻
ポーター級?:『フェルプス』、マハン級?:『パーキンス』、ファラガット級?:『ファラガット』『デューイ』
『エールウィン』『モナハン』『ウォーデン』、シムス級?:『シムス』『アンダーソン』『モリス』『ハンマン』
『ラッセル』『ウォーク』)
その他、油槽艦、水上機母艦など

内訳:
第17機動部隊:
第2群:重巡『ミネアポリス』『ニューオーリンズ』『アストリア』『チェスター』『ポートランド』、
駆逐艦『フェルプス』『デューイ』『ファラガット』『エールウィン』『モナガン』
第3群:重巡『オーストラリア(HMAS)』『シカゴ』軽巡『ホバート(HMAS)』、駆逐艦『パーキンス』
『ウォーク』
第5群:空母『ヨークタウン』『レキシントン』、駆逐艦『モリス』『アンダーソン』『ハンマン』『ラッセル』
第6群:油槽船『ネオショー』『ティペカノー』、駆逐艦『シムス』『ウォーデン』
第7群:水上機母艦『タンジール』
損害日本海軍軽空母1隻(祥鳳?)沈没、空母1隻(翔鶴)中破、艦載機81機喪失
連合国軍空母1隻(レキシントン)、駆逐艦1隻(シムス)、油槽艦1隻(ネオショー)沈没
空母1隻(ヨークタウン)中破、艦載機66機喪失

太平洋戦争大東亜戦争)中に日本海軍連合軍の間で行われた海戦の一つ。
ポートモレスビーを占領しようとした日本海軍空母機動部隊とそれを阻止しようとした連合軍の空母部隊が珊瑚海において交戦。
歴史上初めて航空母艦同士が主力として戦った海戦である。

連合軍の損害は空母1隻に対し、日本軍の損害は軽空母1隻と戦術的には日本海軍の勝利に終わったが、日本機動部隊も艦載機パイロットを多数消耗し、日本海軍はこの後の作戦続行が不可能としてポートモレスビー攻略を断念した。

さらに日本海軍はこの海戦で損傷した空母を後のミッドウェー海戦で復帰させることが出来なかったのに対し、連合軍は空母をミッドウェー海戦に復帰させることが出来たので、この空母の戦線復帰はミッドウェー海戦における勝利を左右した。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS