【三菱グループ】(みつびしぐるーぷ)

日本の元財閥系の企業集団。
その手がける領域は金融から商社、重工業から生活用品までと多岐にわたっている。
グループの起源は1870年の九十九商会設立にまで遡る。
第二次世界大戦終戦後、GHQの指令によって一度財閥としては解体されたが、その後、企業集団として再生した。
三菱金曜会に所属する企業は29社、三菱広報委員会に所属する企業は45社、それ以外の関連会社・関係団体などを含めると200社以上に上る日本最大の企業集団である。

防衛部門においても、日本最大の受注を持つ企業集団であり、陸海空三自衛隊装備の開発生産やライセンス、メンテナンスを手掛ける。
中でも特に受注額が大きいのが
三菱重工業(造船・車両・戦闘機等) 2,797億円(H15.1位)
三菱電機ミサイル・電子製品等)  1,121億円(H15.3位)
である。他にも、三菱自動車(新73式小型トラック79式対舟艇対戦車誘導弾?等)など、グループ全体の防衛装備品での比率は高い。

なお、三菱鉛筆は三菱グループの企業ではない。

三菱グループ(http://www.mitsubishi.com/j/index.html)

関連:90式戦車89式装甲戦闘車F-15J/DJ03式中距離地対空誘導弾


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS