【高機動車】(こうきどうしゃ)

陸上自衛隊が使用してきた73式小型トラック(ジープ)の後継として、1992年に正式採用された4輪駆動の小型トラック。メーカーはトヨタ自動車。
「○○式〜」といった形式は無く、これが正式名称である。
「疾風」という愛称がついているが、現役隊員からは「高機(コウキ)」と呼ばれる事が多い。
要するにアメリカ軍が使用しているHMMWVの用途を模した車両で、形状も似ているがこれは単なる「偶然」である。

悪路での機動性、走破性を備え、また日本国内の道路事情を反映して4輪操舵を採用したことで、通常の乗用車並みに小回りが効くようになり、その図体に似合わず4輪ドリフトも可能といわれている。
当然、ランフラットタイヤを採用しているためタイヤがパンクしても行動可能である。 また軍用車の割に乗り心地が非常に良く、駐屯地での体験搭乗では人気がある。

バリエーションも各種存在し、標準型、5.56mm機関銃MINIMI装備型、93式近距離地対空誘導弾装備型、96式多目的誘導弾システム装備型、03式中距離地対空誘導弾の無線中継・伝送・射撃統制装置装備型、航空電源装備型などが存在し、今後は96式40mm自動擲弾銃搭載型、指揮通信車なども予定されている。
また、軽装甲機動車と同様に海上自衛隊航空自衛隊へも納入される予定となっている。

ボディはFRP製の為、装甲防御は全くないと言って良いが、イラクに派遣された車両は、対地雷装備として車体下面に簡単な装甲が施され、ドア側面にも薄いながらも装甲が追加された。

だが、(武器輸出三原則等との絡みもあってか)なかなか量産効果が上がらず、採用当時の価格1000万円よりは安くなったが、この種の車両としては今だに高価(800万円)なのが難点である。

当初は民間向けへの販売予定は無かったが、1995年の阪神・淡路大震災にてその優れた機動性、走破性が評価され、消防、警察、自治体などから販売の要請がなされ、「メガクルーザー」の名で民間にも販売された。
(現在、民間向けモデルの生産・販売は終了しているが、海自・空自への納入車はこれをベースとする予定になっている)
ちなみに民間型はエアコン装備である。

スペックデータ

乗員:10名
全長:4.91m
全幅:2.15m
全高:2.35m
重量:2.55t
装甲:防弾鋼板、FRP(ボンネット)
登坂能力:60%
最高速度:120km/h
行動距離:443km
エンジン:インタークーラー付き水冷直列4気筒OHV4バルブターボディーゼルエンジン
(出力150ps/3,400rpm)
変速機:ロックアップ機構付4速AT

派生型

  • 重迫牽引車
    120mm迫撃砲 RT(重迫)を牽引する車両。
    後部座席床に弾薬を固定する金具等を設置している。

  • 高機動車(況拭法聞餾歿ぬ鎧斗諭
    フロントガラスや車体の防弾化、ワイヤーカッターの装備、酷暑地での使用を考慮して幌の断熱材への変更、エアコンの取り付けなどの改良が行われた型。
    イラク派遣の際に使用されたほか、20年度予算で調達された車両からは名称が「高機動車(況拭法廚吠儿垢気譴拭

  • 高機動車(通信用)
    各師団、旅団の通信大隊や中隊、及び普通科連隊、特科連隊等本部管理中隊通信小隊に配備されている型。
    通信機材の積載や通信要員の輸送に使用される。

  • 93式近距離地対空誘導弾(SAM-3)
    91式携帯地対空誘導弾(SAM-2)の発射/観測/誘導装置を装備した型。
  • 96式多目的誘導弾システム
    発射機、射撃指揮装置などを装備した型。

  • 03式中距離地対空誘導弾
    幹線無線伝送装置、幹線無線中継装置、射撃統制装置を装備。

  • 低空レーダ装置 JTPS-P18
    車体後部に対空警戒用のレーダー装置を装備。高射特科に配備。

  • 衛星単一通信可搬局装置 JMRC-C4
    車体後部に衛星通信装置を搭載した型。主に通信科に配備。

  • 発煙機3型
    後部荷台部に発煙機器を搭載した型。普通科連隊などに配備。

  • メガクルーザー
    民生用(販売終了)

参考 http://www.mod.go.jp/gsdf/html/soubi/bottom/syaryou/kaisetu/kokido.html


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS