• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(こうくうけん){【航空券】}; [#ub4380d9]

[[旅客機]]を利用しようとする顧客が、運賃と引き換えに航空会社から購入するチケット。~
航空会社と運送契約を締結した事実を示す有価証券であり、搭乗券(旅客機搭乗のために必要な立ち入り許可証)とは性格が異なる。~
実際に搭乗する前に[[空港]]などで[[チェックイン]]を済ませ、「搭乗券」に引き換えなければならない。~
「航空会社と運送契約を締結した」事実を示す有価証券である。~
実際に搭乗する前に[[空港]]などで[[チェックイン]]を済ませ、搭乗券((こちらは、旅客機搭乗のために必要な「空港施設への立入許可証」であり、航空券とは性格が異なる。))に引き換えなければならない。~
~
券面には以下の情報が記載される。搭乗券ではこれらの他に「座席番号」「利用する搭乗ゲート」などが記載される。
-本人特定に必要な最小限の個人情報
-搭乗日と便名
-出発・経由・到着する空港。往復便や周回便である場合はその旨の記載も
-出発・経由・到着する空港。~
往復便や周回便である場合はその旨の記載もされる。
-座席グレード([[エコノミー>エコノミークラス]]・[[ビジネス>ビジネスクラス]]・[[ファースト>ファーストクラス]])
-運賃
-有効期間。予約がなければ国内線で原則90日間・国際線は原則1年間
-適用される運賃
-有効期間~
予約がなければ、国内線では発券から原則90日間・国際線は同じく原則1年間
-(国際線の場合)国際旅行運送約款の抜粋

航空券は他の交通機関のチケットと違って記名式になっており、本人以外の使用は原則として認められていない。~
また、運賃が同額であってもルートの変更や逆行ができない(「[[東京>東京国際空港]]発→[[大阪>伊丹空港]]着」と書かれた航空券を、逆方向には使えない)という特徴がある。~
また、運賃が同額であってもルートの変更や逆行は(基本的に)できない(たとえば、「[[東京>東京国際空港]]発→[[大阪>伊丹空港]]着」と書かれた航空券を、逆方向には使えない)という特徴がある。~
>ただし、ビジネスきっぷや法人顧客向けの回数券では券面記載区間の逆行使用が可能であったり、予約の変更が可能な航空券では[[マルチエアポート]]設定都市内での発着空港を変更可能((たとえば、購入当初に[[羽田>東京国際空港]]発着の便で予約していたものを[[成田>成田空港]]発着便に変更したりするケースなど。))であったりと、一部には例外もある。

この特性のため、犯罪者や[[スパイ]]などはしばしば身元を偽って航空券を購入・使用したり、[[チェックイン]]だけ済ませて搭乗せずに空港を立ち去ったりするという。~
~
関連:[[チェックイン]] [[電子航空券]] [[格安航空券]]
関連:[[チェックイン]] [[電子航空券]] [[格安航空券]] [[エンプロイー・フリーチケット]]

**航空券の媒体 [#g049074a]
:TAT(Transitional Automated Ticket)券|用紙の裏側にカーボン紙が貼り付けてあり、複数枚の綴りで発行されるもの。
:ATB(Automated Ticket & Boarding Pass)券|航空券が搭乗券を兼ねるもの。搭乗ゲートで用紙左側の航空券部分が回収される。~
:[[電子航空券]]|航空会社のwebサイトで予約を行い、[[チェックイン]]時に身元確認の上で搭乗券を購入するもの。
:ATB(Automated Ticket & Boarding Pass)券|航空券が搭乗券を兼ねる(両者を一枚の用紙にまとめて発券する)もの。&br;搭乗ゲートで用紙の航空券部分が回収される。~
:[[電子航空券]]|航空会社のwebサイトで予約を行い((同時もしくは事後に運賃の決済も行う。))、[[チェックイン]]時に身元確認の上で搭乗券を受け取るもの。&br;詳細は該当項目を参照のこと。

**航空券の発券 [#ubb145c6]
航空券は航空会社の他、航空会社と代理店契約を締結した旅行代理店でも発券される(どこで発券されたかは券面に記載される)。~
国際線の場合、航空会社と旅行代理店の数が膨大になるため、各国ごとにIATA(国際航空運送協会)による「銀行集中決済方式(BSP,Billing Settlement Plan)」を取っている。~
>日本では「BSP Japan」に加盟した航空会社の航空券をBSP Japanが公認した旅行会社で発券し、運賃の決済はみずほ銀行を通じて行っている。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS