【航空学生】(こうくうがくせい)

海上自衛隊及び航空自衛隊にある制度で、航空機ヘリコプターの操縦に携わるパイロット(及び海上自衛隊の哨戒機救難機に搭乗する「戦術航空士」)を養成するコース。
海上・航空自衛隊の現役パイロットの大半はこのコースの出身である。

募集資格は日本国籍を有し、高校卒業程度の学歴を持つ18歳以上21歳未満の男女*1
採用されると、2等海・空士として専門の教育部隊*2に配属され、幹部予定者たる自衛官としての教育・訓練を約2年間受ける。
(この期間はあくまでも「自衛官としての」教育・訓練の期間であり、飛行機に触れることはない)

そしてこの課程を卒業後に3等海・空曹に任官、教育航空部隊で練習機を使った操縦教育*3及び幹部候補生学校での幹部自衛官としての教育(合計約4年間*4)を受け*5、入隊後6年で3等海・空尉として航空部隊に配属され、飛行要員として勤務する。

教育期間中、学生は一定の成績をキープできないと「エリミネート」として容赦なく振り落とされるので、入隊時に60〜70名いた同期生が、教育期間を終わって3尉に任官される時には1〜2割程度しか残らないこともザラにあるという*6


海自・空自のパイロットや戦術航空士には、この課程以外にも防衛大学校や一般大学の卒業者がいるが、本課程の出身者はそれらに対し、入隊当初からパイロットになることを前提とした教育が行われ、また、20代後半から飛行教育を始める大卒者*7に比して数年若い年齢(20歳前後)から教育に入るため、操縦技量は大卒者に比べて相対的に高く、定年退官までの総飛行時間も格段に多いという特色がある。
このため、本課程は海自・空自におけるパイロット要員の重要な供給源となっている。

なお、陸上自衛隊のパイロット要員については、部内からの選抜制度である「陸曹航空操縦学生課程」により養成されている。

関連:予科練


*1 これは防衛大学校防衛医科大学校の受験資格と同じである。
*2 海自は小月教育航空群小月教育航空隊(山口県・小月基地所在)。空自は第12飛行教育団航空学生教育群(山口県・防府南基地所在)。
*3 この課程で事業用操縦士の資格を得るが、除隊後2年間は航空機に搭乗する職種に就くことが出来ない。
*4 階級はこの間に3曹→2曹→1曹→曹長と累進する。
*5 航空自衛隊では教育期間中に一部の学生がアメリカに派遣されることがあり、また、海上自衛隊では3尉任官前に護衛艦に乗艦して外洋練習航海が行われる。
*6 ただし、この課程を修了してさえいれば、フライトエンジニア航空士という形で航空機に搭乗して勤務する職種に就くことはできる。
*7 幹部候補生学校入校から飛行教育開始までの間、他の職種に進む者と同じ教育訓練を受ける必要があるため。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS