• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
主にミサイルにおける撃ちっ放し性の事を指す。
従来は有線、レーダー、レーザーになどを介して、人がミサイルが命中するまで誘導する必要があったが、ミサイル自体にこれを組み込んでFire(射撃)したあとForget(放置)する、即ち"撃ちっ放し"ができるようにしたもの。 
*&ruby(うちっぱなしのうりょく){【撃ちっ放し能力】}; [#t744acd5]
Fire and Forget.~
~
[[ミサイル]]や[[誘導爆弾]]が、射撃(Fire)後に放置(Forget)していても命中する事。~
これを持たない誘導兵器は[[レーダー]]、[[レーザー]]などを介して誰かが誘導する必要がある。~
そうした誘導処理に必要な機器類全てを[[ミサイル]]や[[爆弾]]の内部に組み込む事で可能になる。~
~
このシステムを搭載すれば射撃を行いやすくなり、また兵士が誘導のために拘束される事もなくなる。~
これによって生存率が高まるため、各国が当該能力を備えた[[ミサイル]]の開発に力を入れている。~
一方、高度な電子機器を一発ごとに使い捨てる必要があるため、調達単価が高騰する問題も指摘されている。~
~
関連:[[AIM-120]] [[AGM-114]]

これにより、誘導の為に拘束される時間が減り、射撃の条件が緩和するなど兵士の生残性が高まるため、各国は各種Fire and Forget能力を備えたミサイルの開発に力を入れている。[[AIM-120]]や[[AGM-114]]がこの種のミサイルの先駆けとして知られる。


関連項目:[[AIM-120]] [[AGM-114]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS