【空冷エンジン】(くうれいえんじん)

放熱板に外気を当てることで冷却し、焼き付きを防ぐエンジン

飛行機に使用された場合、液冷エンジンに比べて大馬力を出すのが容易で、被弾に強いうえ故障も少ないが、高々度性能が低く、前面投影面積の大きくなるのが欠点。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS