【九九式艦上爆撃機 】(きゅうきゅうしきかんじょうばくげきき)

愛知D3A.

九六式艦上爆撃機?の後継機として開発された、日本海軍の艦上爆撃機
愛知航空機?が開発・生産を担当した。

固定脚を装備した全金属製の単葉機で、動力に空冷エンジンを装備する以外、同時期にドイツで作られたJu87「シュトゥーカ」にシルエットが似ているが、防弾性能では劣っていた。
主武装として250kg爆弾を搭載して急降下爆撃を行えるが、アメリカのSBD「ドーントレス」が1000lb(約450kg)爆弾を装備していたことと比較すると、やや少なかった。

真珠湾作戦ミッドウェイ海戦では零戦九七式艦上攻撃機と並び、海軍航空隊の主力機として活躍した。
とくにインド洋作戦?は搭乗員の技量も相俟って80%以上の命中率を誇り、英米軍の艦船をもっとも多く沈めた。
しかし大戦後期になると弱点の防御力の低さや飛行速度の遅さ、軽武装など性能の不足が目立ち始め*1、さらに米軍側はF6F「ヘルキャット」の投入やVT信管を開発し反攻態勢を整えたため、大戦初期のような活躍は見られなくなり、フィリピン島決戦や沖縄戦?では特攻機としても使われた。

性能諸元(一一型)

機体略号:D3A1
全長:10.185m
全幅:14.360m
全高:3.348m
翼面積:34.970
自重:2,390 kg
全備重量:3,650kg
動力:三菱 金星四四型(離昇1,070馬力)
最高速度:381.5km/h(高度2,300 m)
実用上昇限度:8,070m
航続距離:1,472km
固定武装:7.7mm機銃2門(機首)、7.7mm旋回機銃1門(後方)
爆装:250kg爆弾1発、60kg爆弾2発

派生型

  • 一一型(D3A1)
    初期生産型。
    試作機は光一型を搭載し、量産型は「金星」四三型または四四型(公称1,080hp)発動機を搭載する。

  • 仮称一二型(D3A2)
    発動機を「金星」五四型(公称1,200hp)に換装した試作機。

  • 二二型(D3A2)
    一二型を改設計した生産型。
    エンジンカウルや尾翼形状を変更し、スピナキャップが追加されている。
    改造により速度性能や上昇力は向上したが航続性能は低下した。

  • 仮称九九式練習用爆撃機一二型(D3A2-K)
    二二型に複操縦装置を付けた練習機型。


*1 その生存性の低さから「九九式棺桶」と揶揄された。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS