*&ruby(きかん/はたぶね){【旗艦】}; [#t966287b]
Flagship.
~
[[艦隊]]の指揮官(と[[幕僚>参謀]])が乗り込んで指揮を執る[[艦艇]]。~
~
帆船の時代、[[艦隊司令官>大将]]が乗艦のマストに信号旗を掲げて指示を送っていた事を語源とする。~
性質上、敵から集中攻撃を受けやすく、伝統的に「[[艦隊]]で最強の艦」が選ばれる事が多かった。~
また、多数の[[参謀]]と各種資料・器具が[[ペイロード]]を大きく圧迫するため、小型艦では任を果たせなかった。~
[[大艦巨砲主義]]が衰退を迎える以前、主力[[艦隊]]の旗艦には[[戦艦]]をもって充てるのが[[海軍]]の常識であった。

しかし、無線通信機器が投入された[[第二次世界大戦]]以降の[[戦訓>バトルプルーフ]]により、状況は変化した。~
[[戦艦]]という艦種が過去のものとなったのに合わせ、旗艦は戦闘能力を度外視して[[C4I]]に特化されるようになった。~
また、無線越しの情報だけで十全に指揮を執る事が可能になったため、[[交戦海域>前線]]に進出する事も希になった。~
指揮機能を地上施設に移し、旗艦の制度そのものを完全に廃止した[[海軍]]もある((一例として、[[海上自衛隊]]では[[自衛艦隊]]・護衛艦隊にあった「旗艦」制度を現在廃止しており、陸上基地から統率を行っている。))。

>軍事史全体を通じて「将軍が最前線に赴く」のはほぼ常に愚策とされる。~
戦死すれば混乱によって[[C3I]]が麻痺し、[[戦線>前線]]に甚大な衝撃を与える事になるからだ。~
指揮官が自ら戦場に赴く必要があるのは、そこに居なければ指揮が不可能である場合のみに限られる。~
情報技術が発達した現代、「旗艦」の存在意義は完全に消えたか、残っていても希少なものであろう。

// ●[[航空母艦]]・[[対艦ミサイル]]・[[潜水艦]]などによる[[戦術]]変化
// →それらは「[[戦艦]]が衰微した背景」であって「旗艦を扱うに際しての原則が変化した背景」ではない。

// ●「艦隊司令部が海上に乗り出し、他の艦と同様にEMCONをしたため、かえって情勢が判らなくなった」
// ●「艦隊司令官が現場の勝手な判断で麾下の艦を引き連れて敵に向かったため、味方艦隊が一時敵中に孤立してしまった」
// →明らかに論理の飛躍が見られる(それが制度が改変された大きな要員だと考えるのはいくらなんでも無理がある)。

関連:[[ブルー・リッジ]] [[三笠]] [[大和(超ド級戦艦)>大和]] [[あきづき(海上自衛隊・初代)>秋月]] [[長門]] [[大淀(軽巡洋艦)>大淀]] [[香取(練習巡洋艦)>香取]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS