• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(かいへいたい){【海兵隊】}; [#q2207ae0]
Marine(Corps)/Landing party.~
~
[[揚陸艦]]や[[戦車]]、場合によっては[[軍用機]]を保有し、主に上陸作戦を行う((この他、在外公館の警備や海外に在留する自国民の保護も任務となることが多い。))[[地上部隊>部隊]]。~
海岸や港湾への[[浸透]]・[[橋頭堡]]確保を任務とする[[部隊]]。~
実際の戦闘は基本的に陸上で行うが、[[艦艇]]や[[航空機]]も保有・運用する。~
海路からの[[展開]]を想定して[[揚陸艦]]を運用し、[[近接航空支援]]や[[空挺降下]]も想定される。~
~
特定の海兵隊組織を指す場合、各国の制度・名称に応じて「海軍陸戦隊」「海軍歩兵」などと訳す場合もある。~
~
古くは、(海戦における敵船の[[拿捕]]やそれへの応戦のために)船上で[[白兵戦]]を行う[[歩兵]]部隊を起源とし、多くは船員を兼ねていた。~
また、艦船乗員の規律維持((当時、艦船を実際に操縦する水夫は「国王に忠誠を誓う兵士」ではなかった。))や海外植民地における暴動への対処((この場合、海兵隊員に加えて艦船の乗員からも人員を抽出して「陸戦隊」を編成するのが普通だった。))も任務とされていた。~
こうした歴史的経緯から、現在でも[[海軍]]の所属としている国が多い。~
>実際の任務はほぼ全て[[陸軍]]由来の物資・技術で行うため、[[陸軍]]の所属と定める国家もある。

その後、兵器や[[戦術]]の進化に伴って「船内での[[白兵戦]]((現代において、敵船の[[拿捕]]は海上警察機構・[[海軍]][[特殊部隊]]などの担当とする事が一般的である。))」や「艦内警備」は海兵隊の任務から外されるようになり、海岸からの[[浸透]]・[[橋頭堡]]確保が主任務となっていった。~
現代の海兵隊は、アメリカや韓国・台湾などのように陸海空の全兵科を連携させた統合作戦を主任務とするタイプの他、緊急展開部隊や[[特殊部隊]]となっている国(英国やオランダ、イタリアなど)もある。~
古くは[[拿捕]]に際して船上で[[白兵戦]]を行う[[歩兵]]を起源とし、多くは船員を兼ねていた。~
また、平時には徴用水夫や船漕ぎ奴隷を監視する[[憲兵]]の役割も兼ねた他、[[植民地]]における暴動への対処にも動員された。~
近年では突発的な[[紛争]]・[[テロリズム]]に際して在外市民を保護・救出する任務も想定され、公館などに兵員を常駐させる事も多くなっている。~
~
関連:[[SEALs]] [[アメリカ海兵隊]]
時代の変遷と共に制度が多様化したため、現代の「海兵隊」に国際的な定義はない。~
歴史的経緯から「[[海軍]]内の陸戦部隊」と定義している国が多いが、[[兵站]]上の利便性から「[[陸軍]]内で[[艦艇]]を運用する部隊」として編成する国家もある。~
あるいは独立した[[統合軍]]・[[親衛隊]]・[[特殊部隊>特殊部隊(軍事)]]として再編した国家もある。~
~
関連:[[SEALs]] [[アメリカ海兵隊]] [[水陸機動団]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS