• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(かいへいたい){【海兵隊】}; [#q2207ae0]
Marine Corps~
Marine(Corps)/Landing party.~
~
[[揚陸艦]]や[[戦車]]、場合によっては[[軍用機]]を保有し、主に上陸作戦を行う地上[[部隊]]。~
「海軍陸戦隊」「海軍歩兵」などという呼称で呼ぶ国もある。~
海岸や港湾への[[浸透]]・[[橋頭堡]]確保を任務とする[[部隊]]。~
実際の戦闘は基本的に陸上で行うが、[[艦艇]]や[[航空機]]も保有・運用する。~
海路からの[[展開]]を想定して[[揚陸艦]]を運用し、[[近接航空支援]]や[[空挺降下]]も想定される。~
~
古くは船上で[[白兵戦]]を行うための[[歩兵]]部隊を起源とし、多くは船員を兼ねていた。~
その歴史的経緯から、現在でも[[海軍]]に所属する国が多い。~
>実際の任務はほぼ全て[[陸軍]]由来の物資・技術で行われるため、陸軍に所属する事と定める国家もある。

ただし、現代の海兵隊は大規模な浸透作戦を主眼に置き、船内での[[白兵戦]]は想定していない。~
敵船を[[拿捕]]する任務は、海上警察機構や海軍[[特殊部隊]]の担当とするのが一般的である。~
特定の海兵隊組織を指す場合、各国の制度・名称に応じて「海軍陸戦隊」「海軍歩兵」などと訳す場合もある。~
~
関連:[[SEALs]]

**合衆国海兵隊(U.S.Marine Corps)[#e4d701c5]
海兵隊、あるいはこれに類する上陸作戦部隊の中で、現在最も有名なのはアメリカ合衆国の海兵隊であろう。~
古くは[[拿捕]]に際して船上で[[白兵戦]]を行う[[歩兵]]を起源とし、多くは船員を兼ねていた。~
また、平時には徴用水夫や船漕ぎ奴隷を監視する[[憲兵]]の役割も兼ねた他、[[植民地]]における暴動への対処にも動員された。~
近年では突発的な[[紛争]]・[[テロリズム]]に際して在外市民を保護・救出する任務も想定され、公館などに兵員を常駐させる事も多くなっている。~
~
合衆国海兵隊は、海岸部のみならず世界中全ての戦場への[[展開]]を想定した装備を備えている。~
大規模な[[揚陸>揚陸艦]]・輸送艦艇部隊((船舶の運用は海軍に任されている。))はもちろん、[[歩兵戦闘車]]や[[APC]](装甲兵員輸送車)で高度に[[機械化]]された[[歩兵]]部隊や[[空挺部隊]]を持ち、[[主力戦車]]と[[重砲>野戦砲]]による濃密な支援を受ける。~
さらに、航空部隊の[[戦闘機]]・[[攻撃機]]によって独力で[[カウンターエア]]と[[近接航空支援]]も行える。~
この正面戦力は、小国が保持し得る陸海空軍の全戦力にも匹敵するものであり、世界最強の海兵隊として名高い。~
時代の変遷と共に制度が多様化したため、現代の「海兵隊」に国際的な定義はない。~
歴史的経緯から「[[海軍]]内の陸戦部隊」と定義している国が多いが、[[兵站]]上の利便性から「[[陸軍]]内で[[艦艇]]を運用する部隊」として編成する国家もある。~
あるいは独立した[[統合軍]]・[[親衛隊]]・[[特殊部隊>特殊部隊(軍事)]]として再編した国家もある。~
~
この性質を踏まえ、[[アメリカ軍統合参謀本部>アメリカ統合参謀本部]]は海兵隊を[[陸軍]]・[[海軍]]・[[空軍>USAF]]と同格の「第四の軍隊」として扱っている((幹部養成が海軍と共通であり、[[揚陸艦]]など一部装備の運用も海軍に任されているなど、立場はやや海軍寄り。))。~
~
また、アメリカ合衆国の大統領は連邦議会の同意を得ずに海兵隊を自由に動員する事ができる。((ただし、事後48時間以内に下院議長と上院臨時議長へ書面で報告するとともに、議会による[[宣戦布告]]か承認がなされない場合、議会への報告後60日以内の戦闘のみ認められ、さらに30日以内の[[撤兵>撤退]]が義務づけられている、としている。))~
大統領府(ホワイトハウス)・在外公館などの警備や、大統領専用ヘリコプターの運用もアメリカ海兵隊の職分である。~
合衆国海兵隊はアメリカが大規模軍事行動を起こす際の「先遣隊」であり、同時にアメリカ大統領の[[親衛隊]]でもある。
関連:[[SEALs]] [[アメリカ海兵隊]] [[水陸機動団]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS