• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(かもつき){【貨物機】};
Freighter:貨物機 Cargo:貨物輸送~
各種民間旅客航空機の派生バージョンとして存在し、"〜F"という名称になることが多い。~
また、後部座席を減らすなどして必要に応じて貨客混在できるバージョン(Combi)"〜M"となるものも存在する。~
また、同じ型番であっても、専用機として作られた機(窓無)と旅客用途改造バージョン(窓有,必要に応じて戻せる)が存在する。~
*&ruby(かもつき){【貨物機】}; [#r0be09a5]
Cargo plane / Freighter ~
~
貨物パレットを積み込むために一般に側面外壁に大きな扉があり、当初から貨物用途をよく考えられた機体([[B747F]]等)では機首が上方に大きく開くものもある。~
積み降ろし時の機内は貨物が自由に動かせるようになっているが、飛行時は貨物が転げ回ると危険なため、航空コンテナや航空パレット(ULD:UNIT LOAD DEVICES)と呼ばれる箱に収められ、止め具で固定される。もちろん、特殊な積荷(馬等)は専用のパレットを用いる。~
商用目的で物資を輸送するための[[航空機]]。~
[[軍隊]]で[[兵站]]輸送用に用いられるものは「[[輸送機]]」として貨物機とは区別する。~
~
旅客と同じように定期便と臨時便が存在し、高速ではあるが運賃は海上輸送に比べ高いため、鮮度の必要な用途や急ぎの用途、単位重量容積当り高いため航空輸送でもメリットの出る用途などに用いられる。~
基本的に[[旅客機]]を改装・流用して用いる事が多く、"〜F"という型番になる事が多い。~
貨物機と[[旅客機]]を兼用する機体もあり、そうした機体は"〜M"という型番が一般的。~
~
貨物パレット用の大きな扉が必要なため、側面に大きな扉を据え付ける改装を施す事が多い。~
最初から貨物機として設計された機体では([[B747F]]など)、長尺貨物を積むために機体を上部または横方向に折り曲げる場合もある。~
[[旅客機]]を兼用する場合は、客室の後部を潰して貨物室に改装する事が多い。~
[[旅客機]]ベースの場合は側面に窓があるが、純粋な貨物機に[[コックピット]]以外の窓はない。~
>ただし、荷主や技術者などが「付添人」として乗る([[デッドヘッド]])場合もあり、そのための座席が用意されている機体もある。

関連:[[輸送機]] [[B747F]] [[A380F>A380]]
長距離貿易の運送手段としては、現在もっとも早く輸送できる手法である。~
しかし、[[空港]]でなければ貨物の積卸ができないため、短距離輸送では全く何の役にも立たない。~
また、輸送に必要なコストが非常に高価であり((一般に、速度が早いほど同距離あたりの燃費は悪くなる。また、貨物機そのものの調達・補修コストも船や車両よりずっと高価である。))、効率面では船舶に劣る。~
~
このため、主に生鮮食品・生物・[[郵便物>航空郵便]]など、極めて緊急性の高い貨物の輸送に用いられる。~
また、電子部品や芸術品など重量単価が非常に高い物資の輸送にも用いられる場合がある。~
~
関連:[[輸送機]] [[B747F]] [[A380F>A380]] [[航空郵便]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS