【レイテ沖海戦】(れいておきかいせん)

戦闘概要
戦争太平洋戦争大東亜戦争
年月日1944年10月23日〜25日
場所フィリピン周辺海域
交戦勢力日本
アメリカ、オーストラリア
結果アメリカ軍の圧倒的勝利、日本海軍連合艦隊の組織戦闘能力喪失

1945年10月23日から25日にかけてフィリピン及び同周辺海域で行われた一連の戦闘の総称で、シブヤン海海戦、スリガオ海峡海戦、エンガノ岬沖海戦、サマール沖海戦の4つの海戦を総称して「レイテ沖海戦」という。

これは日本とアメリカの主攻目標がレイテ島またはレイテ湾であったため、この名がついた。

連合軍の作戦名はキング矯鄒でレイテ島の奪還を目的とし、日本軍の作戦名は捷一号作戦で、アメリカ軍の進攻阻止を目的とした。

日本海軍の艦隊戦力はこの海戦での敗北を最後に事実上壊滅し、以後大規模かつ組織的活動は不可能となった。

またこの海戦で、日本軍の「神風特別攻撃隊」による始めての特攻が行われた。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS