【ラムエアタービン】(らむえあたーびん)

Ram Air Turbine(RAT).
大型の貨物機旅客機に装備されている風車型の非常動力源。
エンジン及びAPU停止時に自動的に機外に飛び出し、風車を回転させることにより最低限の油圧ポンプの駆動と発電を行う。

例外としてロケットエンジンを使用するMe163?は、電源を取るため常に機首部に展開していたほか、現代機ではEA-6BEA-18の搭載する戦術ジャミングポッドの電力や、F/A-18Fの搭載する空中給油ポッドのポンプなどもそれぞれのポッド先端に装着されたラムエアタービンから動力が供給されている。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS