【ラファイエット】(らふぁいえっと)

La Fayette.
フランスの貴族出身の軍人。アメリカ独立戦争に義勇軍?を率いて自ら参戦した。

  1. ラファイエット級空母一番艦(R96)。

    アメリカ海軍のインディペンデンス?軽空母ラングレーが、1951年にフランス海軍に供与された時にこの艦名を付けられた。
    1963年に返還されている。

  2. ラファイエット級原子力戦略潜水艦一番艦(SSBN-616)。

    ポラリスA2?(後にポセイドンC-3?SLBMを16基搭載した原子力戦略潜水艦
    1963年に竣工し、1991年、オハイオ級の増備に伴い退役した。
    武装は上記の他、533mm魚雷発射管を4門装備している。

  3. ロリアン(Lorient)海軍造船所1988年建造1996年就役の、ラファイエット級フリゲート一番艦(F710)。

    フランスの軍艦造船企業DCN Internationalによる3000t級フリゲート
    ステルス性を重視し、艦橋から砲に至るまで直線的な外観をしており、船体が10°の傾斜で統一されているのが特徴。
    船体中央内部に短艇?を収納するための開口部があるが、普段は金属メッシュによってレーダー反射面積を低下させている。
    また、艦に使われている塗料にはRAMが含まれており、ステルス性の向上に役立っている。

    直接の対潜攻撃兵装は持たないかわり、対潜任務は艦後部に搭載される対潜ヘリコプターAS565SBパンサーによって行う。

    同形艦・準同形艦が台湾やサウジアラビア、シンガポールへ輸出されている。
    クロタルSAMアスター15?SAMに換装するため、VLS搭載に備えた設計となっている。

    スペックデータ
    排水量3500t
    全長125m
    全幅15.5m
    吃水5.9m
    主機CODAD? SEMT-Pielstickディーゼルエンジンx4 2軸推進
    出力21000hp
    武装55口径100mm速射砲(mod.68 CADAM) 艦前部
    20mm単装機関砲x2 (Giat 20F2) 艦橋後部側面
    4連エグゾセ(MM40Block2)SSM発射筒x2 艦中央部
    最大速力25kt
    経済速力12kt
    航続距離12ktで9000浬

同型艦

  • 1996年就役 F-710 ラファイエット(La Fayette)
  • 1997年就役 F-711 シュルクーフ(Surcouf)
  • 1997年就役 F-712 クールベ(Courbet)
  • 1999年就役 F-713 アコニト(Aconit)
  • 2001年就役 F-714 ゲプラット(Guépratte)

派生型

  • 康定級フリゲート(台湾海軍)
    対潜任務にも適応した汎用型。
    台湾海軍の他の艦船との装備の共通化が図られているほか、小型船対策の為に40mm機関砲を装備したり、ソナーを搭載するなど、武装を中心に他のラファイエット級と異なる。
    しかし、これらの武装はステルス対策をとっておらず、結果としてステルス性は損なわれており、また艦対空ミサイルは射程3kmのシーチャパラル短SAMのみで防空能力も劣るため、国産の天剣2型空対空ミサイルの艦載型を搭載する改修計画が進行している。 対潜ヘリコプターS-70C(M)-1 サンダーホーク(S-70Bに準じる機体)を搭載する。

    スペックデータ
    排水量3,600t(満載時)
    全長125m
    全幅15.4m
    吃水4.0m
    主機CODAD? SEMT-Pielstickディーゼルエンジンx4 2軸推進
    出力21000hp
    武装オートメラーラ76mm単装速射砲1基
    ボフォース40mm機関砲 連装2基
    シーチャパラル4連装発射器1基
    雄風II型4連装対艦ミサイル発射機2基
    Mk32 3連装短魚雷発射管2基
    ファランクス1基
    最大速力25kt
    経済速力15kt
    搭載機S-70C(M)-1 サンダーホーク哨戒ヘリコプター?1機

同型艦 (康定級フリゲート)

  • 1996年就役 1202 康定(Kang Ding)
  • 1996年就役 1203 西寧(Si Ning)
  • 1997年就役 1205 昆明(Kun Ming)
  • 1997年就役 1206 迪化(Di Hua)
  • 1997年就役 1207 武昌(Wu Chang)
  • 1998年就役 1208 承(Chen Du)

  • アル・リヤド級フリゲート(サウジアラビア海軍)
    満載排水量が4,500tに達する拡大改良型で防空任務に主眼をおいている。
    アスター15の装備、主砲をステルス化したオートメラーラ社製76mm砲への変更、対潜長魚雷発射管4基の装備、機関強化(28,000馬力)速力の低下(24.5ノット)などの差異がある。対潜ヘリコプターはAS365ドーファンを搭載する。

    スペックデータ
    排水量4,650t(満載時)
    全長133.6m
    全幅17.2m
    吃水4.1m
    主機CODAD? SEMT-Pielstickディーゼルエンジンx4 2軸推進
    出力28,000hp
    武装オートメラーラ76mm単装速射砲1基
    アスター15VLS2基16セル
    エグゾセ(MM40Block2)SSM4連装発射筒2基
    固定式533mm対潜魚雷発射管4基
    20mm単装機関砲2基(Giat 20F2)
    最大速力24.5kt
    経済速力12kt

    同型艦 (アル・リヤド級フリゲート)
  • 2002年就役 812 アル・リヤド(Al Riyadh)
  • 2004年就役 813 メッカ(Makkah)
  • 2004年就役 814 アル・ダンマン(Al Dammam)

  • フォーミダブル級フリゲート(シンガポール海軍)
    アル・リヤド級の縮小改良型で、満載排水量は3,200t、対艦ミサイルをハープーンに、対潜長魚雷発射管4基を短魚雷発射管3連装2基にそれぞれ変更し、速力が27ノットに向上、乗員は86名に減少している。対潜ヘリコプターS-70B?を搭載する。
    2番艦以降は国産化され、シンガポールS.B.アンドマリーン社で建造されている。

    スペックデータ
    排水量3,200t(満載時)
    全長114.8m
    全幅16.3m
    吃水6.0m
    主機CODAD? MTU 20V 8000 M90ディーゼルエンジン4基 2軸推進
    出力8,000kW
    武装オートメラーラ76mm単装速射砲1基
    アスター15・アスター30用シルヴァーA50VLS4基8セル
    ハープーンSSM4連装発射筒2基
    324mm3連装短魚雷発射管2基(A244-S 短魚雷を装備)
    12.7mm単装機銃4基(CIS 50MG)
    最大速力24.5kt
    経済速力12kt
    航続距離18ktで4,200海里


同型艦 (フォーミダブル級フリゲート)


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS