*&ruby(ほーかーはっぴゃく){【ホーカー800】}; [#t537e468]
Hawker 800~
アメリカのホーカー・ビーチクラフト社が製造する[[ビジネスジェット機>ビジネス機]]。~
~
当初、本機は英国のデ・ハビランド社にて「DH125」として開発・生産された。~
しかし、製造開始後間もなく、デハビランドはホーカーシドレー社に吸収され、[[HS125]]と改称される。~
ホーカーシドレー社時代に発展型が複数開発されたが、その途中でホーカーシドレーは更に[[BAe]]へ吸収される。~
この時代、現在の生産モデルである「BAe125シリーズ800」が造られる。~
~
さらに時代が下ると、[[BAe]]のビジネスジェット部門はアメリカの[[レイセオン]]へ売却され、会社名はレイセオン・ホーカー、機名は「レイセオン・ホーカー800」となる。~
その後、同社のビジネスジェット部門が、同じく[[レイセオン]]傘下のレイセオン・ビーチ(旧[[ビーチクラフト]])とともに買収されて合併し、現在の呼称となった。~
以上のように、原型機の生産開始から製造元の組織変更がたびたび繰り返された結果、本機は5つのメーカーから完成機が出荷された実績を持ち、うち3社で同一モデルの機体が製造されるという複雑な経緯を辿っている。~
~
外観上の大きな特徴として、[[水平尾翼]]が[[垂直尾翼]]の中央部に取り付けられている。~
機体は全長の割に胴体が広く、乗員2名のほか14人程度までの乗客を乗せることができる。~
また、[[ランディングギア]]はダブルタイヤとなっており、舗装の悪い[[滑走路]]にもある程度対応できる。~
シリーズ800は原型のDH125に比べ大幅に改良されており、スーパークリティカル翼や曲面[[風防]]による空力の改善、[[グラスコックピット]]化などが成されている。~
~
日本の[[航空自衛隊]]では、BAe社が生産していた時代に本機を購入しており、これらに改良を加えた飛行点検機を[[U-125]]、[[捜索救難]]機をU-125Aの名称で採用している。~
~
**スペックデータ [#a7a3bc54]
|乗員|2名+乗客8〜12名|
|全長|15.60m|
|全高|5.50m|
|全幅|16.50m|
|空虚重量|2,170kg|
|全備重量|7,108kg|
|[[エンジン]]|ハネウェル TFE731-5BR [[ターボファン]]([[推力]]4,660lbf)×2基|
|速度(最大/[[巡航>巡航速度]])|448kts(830km/h)/402kts(745km/h)|
|[[航続距離]]|4,893|
|実用上昇限度|12,497m|


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS