• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぺんとみっく){【ペントミック】}; [#b1ed6b19]
Pentomic.((「5つ」「5番目」を意味する"Penta"と「原子力」を表す"Atomic"の合成。))~
Pentomic(「5つ」「5番目」を意味する"Penta"と「原子力」を表す"Atomic"の合成語).~
~
[[冷戦]]初期の1950年代、[[アメリカ陸軍]]が考案した[[歩兵]][[師団]]の編制法。~
[[戦術核兵器]]が実用化された直後に考案された、[[核攻撃>核兵器]]を受ける事を想定した編制である。~
正式には「ROCID[[再編成]]型歩兵師団」という。~
~
[[アメリカ陸軍]]では1960年まで試験的に運用されたが、その過程で多数の問題点(後述)が浮上。~
1963年には新たに考案された「ROAD(Reorganization of the Army Division)師団」編成に改編され、過去の遺物となった。~
1963年には新たに考案された「ROAD(Reorganization of the Army Division)師団」編制に改編され、過去の遺物となった。~
~
しかし、[[フランス陸軍>フランス軍]]や[[陸上自衛隊]]ではこれに類似の編制を採用し、現代まで継承している。~
また、オーストラリア陸軍でも一時期、これに類似の編制を取っていたが、アメリカに倣って元に戻している。

**編制の概要 [#idb05063]
[[陸軍]]の古典的な部隊編成では、1個師団は数個の連隊、1個連隊は数個の大隊、1個大隊は数個の中隊の集合である。~
ペントミックではこのうち「連隊」及び「大隊」の単位を廃し、「連隊戦闘群」に置き換えた。~
[[陸軍]]の古典的な部隊編成では、一個師団は数個の連隊、一個連隊は数個の大隊、一個大隊は数個の中隊の集合である。~
ペントミックではこのうち「連隊」及び「大隊」の単位を廃し、「''連隊戦闘群''」に置き換えた。~
~
ペントミック編制の1個師団は、5個の連隊戦闘群を指揮下に置いている。~
ペントミック編制の1個師団は、5個の連隊戦闘群を指揮下に置いていた。~
1個の連隊戦闘群は5個[[歩兵]]中隊(中隊長は大尉)、1個[[迫撃砲]]中隊を中核とする。~
([[砲兵]]・[[戦車>機甲部隊]]・[[工兵]]や航空隊など)その他の兵科は必要に応じて配分・再配置され、[[作戦]]中は個々の連隊戦闘群の指揮下に入ることになっていた。~
[[砲兵]]・[[戦車>機甲部隊]]・[[工兵]]・[[航空機]]などは必要に応じて配分・再配置され、[[作戦]]中は個々の連隊戦闘群の指揮下に入る。~
~
戦闘の[[展開]]は1個師団まとめてではなく、5個の連隊戦闘群として分割して行われる。~
大抵は地理的にもそれぞれ離れた場所に[[兵站]]拠点を置き、連携はするが合流はしない。~
これにより、戦場で[[戦術核>戦術核兵器]]が使用された際の被害規模を1個連隊戦闘群までに抑える事ができる――つまり「&ruby(ペントミック){5発目の核};」までは戦える、という理屈であった。
これにより、戦場で[[戦術核>戦術核兵器]]が使用された際の被害規模を1個連隊戦闘群までに抑える事ができる――つまり、「&ruby(ペントミック){5発目の核};」までは戦える、とされた。~
また、[[旅団]]司令部を一個持ち、任意の戦闘群等を指揮下に入れての分割運用も考慮され、師団長の指揮を助ける事も可能にしていた。

**指摘された問題点 [#re294dcf]
このように鳴り物入りで導入されたペントミックであるが、実際に運用をしてみると種々の問題点が指摘された。~
「核の恐怖」という時代背景から鳴り物入りで導入されたペントミックであるが、実際に運用をしてみると種々の問題点が指摘された。

***[[C3I]]への負担増 [#t78d12e1]
ペントミック編制は「大隊」を廃して連隊長が中隊長たちを直接指揮するため、指揮官の負担が増大する可能性が指摘された。~
連隊戦闘群は最低7個中隊、これに[[戦車>機甲部隊]]・[[工兵]]・[[近接航空支援]]などが加われば10個中隊以上を同時に指揮する。~
これほどの数の戦闘ユニットを1人の指揮官と[[参謀団>参謀]]が管理掌握できるかは、疑わしいものだった。~
~
:[[C3I]]への負担増。|
ペントミック編制では「大隊」という指揮系統上の連結部がなくなったため、指揮官の[[C3I]]への負担がこれまでより大きくなる可能性が指摘された。~
連隊戦闘群には、最低7個中隊が指揮下に入り、これに[[戦車>機甲部隊]]・[[工兵]]・[[近接航空支援]]などが加われば10個中隊以上の兵員が指揮下に入る。~
これほどの数の戦闘ユニットを1人の指揮官が管理掌握できるかは([[参謀]]の助けがあるとはいえ)いささか疑わしいものだった((1960年代当時の[[アメリカ陸軍]]にとって、これはかなり深刻な問題だった。&br;  当時は[[第二次世界大戦]]・[[朝鮮戦争]]後の世代交代の時期であり、尉官・佐官といった幹部層の多くが能力的に期待を持てない実戦未経験者であった。&br; (実戦経験者のほとんどは戦死するか[[予備役]]に退いていた)))。~
特に1960年代当時の[[アメリカ陸軍]]にとって、これはかなり深刻な問題だった。~
当時は[[第二次世界大戦]]・[[朝鮮戦争]]後の世代交代の時期であり、実戦経験者のほとんどは戦死するか[[予備役]]に退いていた。~
つまり尉官・佐官層の多くが実戦を経験しておらず、その指揮能力に対して上層部は大きな疑問を抱いていた。

:各個撃破の危惧。|
ペントミックは本質的に[[散兵戦]]を前提とする編制であり、[[国家総力戦]]における正面対決には適さなかった。~
***各個撃破の危惧 [#z81d000b]
ペントミックは、本質的に[[戦術核>戦術核兵器]]から逃げ回るための[[散兵戦]]を前提にした編制であり、[[国家総力戦]]における正面対決には適さなかった。~
孤立した連隊戦闘群に対して通常の[[師団]]規模の部隊が攻撃してくれば、各個撃破される可能性が濃厚だった。~

:将兵の[[士気]]への悪影響。|
***将兵の[[士気]]への影響 [#y14ad939]
このペントミック編制は、現場の将兵からは大いに不評であった。~
当時の兵士にとって、自分達の属する軍は「国軍」ではなく、特定の「連隊」を指す向きが強かった((これはアメリカ軍のみならず、他国の陸軍でも似たようなものだった。))。~
一般的に、兵士は([[徴兵>徴兵制]]や志願による)入営から退役まで同じ連隊に所属し続けるもの(([[再編成]]が頻繁にありうる[[総力戦時>国家総力戦]]はこの限りではないが。))で、それは退役後の地域社会においても基本的に変わらない――同じ連隊の出身者は結束し続けるものだった((アメリカ陸軍では[[第一次世界大戦]]まで「連隊」が最大の部隊編制であり、連隊は基本的に各州ごとに配置されていた。))。~
~
ゆえに、当時の[[軍政]]はこうした連隊の結束を意図的に破壊しようとした節もある。~
実際、アメリカ陸軍の連隊制はペントミック廃止以降も有名無実化の一途を辿り続けている(([[平和主義者>平和主義]]による暴力的弾圧と政治的圧力に屈して離散を余儀なくされた、と見る向きもある。&br;  軍隊寄りの思想に基づいて結束する票田があれば、民主主義議会政治の構造上、他派閥と敵対関係に陥る事は避けられない。))((この結果、現在の[[アメリカ陸軍]]において「連隊」は[[第75レンジャー連隊]]や[[第160特殊作戦航空連隊]]などの例外を除き形骸化されている。))。
>なお、この時に問題となった「『連隊の伝統』を『誰が』『どのようにして』継承するか」については、ROAD編制での各[[旅団]]における「大隊」がそれまでの連隊の伝統を継承することになって解決された。
近代の世界的常識として、兵士は入隊から退役まで同じ連隊に所属し続けるものである(戦時中に連隊が[[全滅]]した場合は例外だが)。~
そして退役後も同じ連隊出身の[[予備役]]は地元の地域社会の中で結びつき、会合を持ち、結束し続けるものだった。~
~
当時の兵士にとって、自分達の属する軍は「国軍」ではなく、特定の「連隊」を指すものだったといえる。~
そして、ペントミック編制はこの伝統を土足で踏みにじった。~
~
これは[[軍政]]が無神経だったというより、連隊の結束を意図的に破壊しようとした可能性が高い。~
実際、アメリカ陸軍の連隊制はペントミック廃止以降も有名無実化の一途を辿り、現在では一部の例外(([[第75レンジャー連隊]]や[[第160特殊作戦航空連隊]]など。))を除いて形骸化されている((現在のアメリカ陸軍では、師団隷下の「[[旅団戦闘団>旅団]]」が連隊と同格の扱いになっている。))。~
各連隊が積み重ねてきた伝統は、解体された後の大隊単位で継承されるのが原則となり、元に戻る事はなかった。

>つまるところ、これは政争の結果である。~
連隊ごとに結束する予備役は巨大な票田であり、それは民主主義議会政治の必然として他派閥との敵対関係を醸成した。~
[[平和主義者>平和主義]]との抗争の末、民意による暴力的弾圧と政治的圧力に屈して離散を余儀なくされたと見る向きもある。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS