• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ぺるそな・のん・ぐらーた){【ペルソナ・ノン・グラータ】}; [#g0b18493]
persona non grata 
persona non grata.~
ラテン語で「好ましからざる人物」「歓迎されざる人物」の意。~
ラテン語が国際的な言語であった事から転じて、国際的な外交交渉の相手として相応しくない人物を指す。~
~
一般には、外交使節を受け容れる側の接受国が、使節の受け入れを拒否する事を指す。~
特定の個人を対象として「歓迎に値しない人物である」と宣告し、派遣元に交代を要求する。~
大使・公使・書記官・参事官・[[駐在武官]]・領事・その他の外交特権を与えられる全ての人間を対象にできる。~
滅多にある事ではないが、たとえ国家元首であってもペルソナ・ノン・グラータを宣告される可能性はある。~
~
なぜ歓迎に値しないのか、という点について根拠・理由を明示する義務はない。~
理由なく宣告された場合、その理由は[[スパイ]]・密貿易・[[テロリズム]]などに関係するものと推定される。~
単純に品性下劣であるから宣告するという場合もあるが、それによって非難を受ける事は普通ない((例えば「外交特権がなければ強制わいせつ罪の現行犯で逮捕されていたはずの人間」に宣告された例がある。&br;  とはいえ、宣告すると外交関係に軋轢が生じるため「品性下劣な人物」をあえて黙認する事もある。&br;  特定の外交目的を持たずに「訪問」する王族・皇族・独裁者の親族などは特にそのような傾向が強い。))。~
実際、本来の意図は「恥知らず」を外交交渉の場から穏便に排除する事であって、[[スパイ]]対策ではない。

外交用語の一つ。ラテン語で「好ましからざる人物」の意味で、慣用的に「歓迎されざる人物」を指すこともある。~
外交使節を交換している国家の間で、接受国はいつでも、理由を示さずに施設の派遣国に対し、特定の外交官が「歓迎されざる人物」であると通告できる。
>宣告される理由は明白に犯罪的な行為の証拠を含む場合も、単に儀礼上のトラブルである場合もある。~
どちらにせよ、国家の公式見解として宣告する以上、その背景にはそれなりに深刻な事情がある。~
誰かの個人的な嫌悪感からペルソナ・ノン・グラータが宣告される、などという事は普通あり得ない。

ペルソナ・ノン・グラータを受けた派遣国はその外交官を本国へ召還するか、外交官の任務を終了させなければならない。
この宣告を受けた人物は、一定期間後に外交特権を剥奪される。犯罪容疑があれば逮捕拘禁も可能。~
ただし、派遣国はその前に当該人物を本国に呼び戻す事ができるため、実際に逮捕に至る例はほとんどない((帰国後に本国で懲戒や処罰を受ける可能性はあるし、特に深刻な事態では[[暗殺]]の危険も生じ得る。&br;  官僚であればその後の人事評価に大きく影響する事は間違いない。))。~

ペルソナ・ノン・グラータの意思表示は任務地の領域に入る前からいつでも可能で、使節の外交官以外の職員または領事に対しても同様の制度がある。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS