【ベル222】(べるとりぷるつー)

Bell 222
ベル?社製の民間向けターボシャフト双発ヘリコプター

同社のターボシャフトヘリコプターは、それまで軍用単発型から民間型や双発型へ発展していったのに対し、本機は最初から民間向けの双発機として開発された。
主な用途は要人輸送であり、パイロット2名のほか、キャビンに5〜6名の乗客を乗せる。
(簡易座席の場合、総員10名まで乗せることができる)
また着陸装置は高級機らしく、引き込み式のランディングギアを装備する。

最大の特長は、イルカにも似た流線型の美しい胴体であり、ベル?は本機をTVドラマ『超音速攻撃ヘリ エアーウルフ』の撮影に提供して知名度を高め、セールスに成功した。
しかし乗り心地重視で汎用性が低いことや*1、初期のエンジンにおける信頼性問題*2などが指摘され、シコルスキーS-76や、アグスタAW109などに遅れを取ったともいわれる。

スペックデータ

乗員2名(操縦士副操縦士
乗客数5〜6名
全長15.1m(ベル222A)
15.32m(ベル222B/UT/ベル230)
機体長12.85m(ベル222A/B)
12.78m(ベル222UT)
12.88m(ベル230)
全高3.56m(ベル222A/B)
3.71m(ベル222UT)
3.56m(ベル230)
主ローター直径12.2m(ベル222A)
12.80m(ベル222B/UT/ベル230)
空虚重量2,066kg(ベル222A)
2,076kg(ベル222B)
2,058kg(ベル222UT)
2,312kg(ベル230)
最大離陸重量3,560kg(ベル222A)
3,742kg(ベル222B/UT)
3,810kg(ベル230)
エンジンライカミング LTS-101-650C-3ターボシャフト×2基(ベル222A)
ライカミング LTS-101-750Cターボシャフト×2基(ベル222B/UT)
ロールス・ロイス 250-C30G/2ターボシャフト×2基(ベル230)
出力618hp(461kW)(ベル222A)
680hp(505kW)(ベル222B/UT)
700hp(520kW)(ベル230)
最大速度130kt(ベル222A)
135kt(ベル222B/UT)
140kt(ベル230)
上昇率8.03m/s(ベル222A)
8.79m/s(ベル222B/UT)
8.13m/s(ベル230)
飛行可能高度3,901m(ベル222A)
4,816m(ベル222B/UT)
4,724m(ベル230)
ホバリング可能高度2,743m(ベル222A)
3,139m(ベル222B/UT)
3,780m(ベル230)
航続距離600km(ベル222A)
700km(ベル222B/ベル230)
900km(ベル222UT)

ベル222のバリエーション

  • ベル222A:初期型。エンジンはライカミングLTS101-650C。
  • ベル222B:エンジンをLTS101-750Cに変更してペイロードを増強し、メインローターをより大きなものにした型。
  • ベル222UT:着陸装置ランディングスキッドに変更した軽量型。
  • ベル222SP:市場におけるLTS101の問題を受け、既存機のエンジンをアリソン250に交換したもの。
  • ベル230:エンジンをアリソン250に変更してホバリング性能を向上。航法装置を強化して完全な計器飛行能力を獲得した型。
    • ベル230 エグゼティブ:要人輸送用。
    • ベル230 ユーティティ:一般輸送用。
    • ベル230EMS:救急用。担架を1〜2台搭載している。
  • ベル430:ローターを4枚ブレードにし、キャビンも大型化して居住性を向上した型。

*1 キャビンを広くとるため、ライトツイン機としては珍しくスポンソンを備えており、後部ドアの配置や使い勝手に制限がある
*2 ライカミングLTS101はHH-65などでも問題を起こした

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS