【ヘリコプター空母】(へりこぷたーくうぼ)

航空母艦の一種で、もっぱらヘリコプターの運用に特化された艦。
対潜(哨戒)ヘリコプターの運用を主目的とする場合が多い。
また、ヘリコプター揚陸艦をヘリコプター空母の一種と捉える場合もある。*1

一般の航空母艦と同様、全通式の飛行甲板エレベーターを持ち、多数のヘリコプターが同時に離着艦できる。
一方、多くは固定翼艦載機の運用を想定しておらず、固定翼機の離着艦には適さない構造になっている。
カタパルトアレスティングギアなど、滑走距離の短縮に必要な設備を備える事はまずない。
また、STOVL機のホバリングによる下向きのジェット噴射に耐えられない事も多い。

しかしながら、耐熱性の向上は比較的容易であるため、改修を施してSTOVL空母として運用された例もある。
また逆に、搭載機が退役・配置転換されたSTOVL空母正規空母がヘリコプター空母に改修された例もある。

関連:対潜空母 STOVL空母 強襲揚陸艦


*1 イギリス海軍の揚陸ヘリ空母等。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS