• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ふりげーと){【フリゲート】};
*&ruby(ふりげーと){【フリゲート】}; [#v936e635]
Frigate.~
~
軍艦の種別のひとつ。~
時代によって以下のような定義がある。
 
**帆船時代 [#jf7b27b2]
帆船時代のフリゲートは「一層甲板((砲甲板が一層しかない分、防御力は戦列艦よりも高い。))・3本マスト、20〜40門程度の砲を装備した快速軍用帆船」の意味であった。~
(英国では5・6等艦にあたる艦)~
~
単独で[[戦列艦]]と直接撃ち合える能力はなく、大規模戦闘にはほとんど参加しなかった。~
基本的に単艦もしくは小規模艦隊で運用し、船団護衛・商船襲撃・辺境警備などに運用された。~
大衆の目に触れる機会も多く、同時代を代表する軍艦と言える。~
~
[[海軍]]における帆船時代は19世紀前半が最盛期で、1853年に[[榴弾]]が実戦投入されるまで続いた。~
その後は[[装甲]]と[[蒸気機関]]を備えた装甲フリゲートへと置き換えられていった。

おおむね[[駆逐艦]]より小型で基準[[排水量]]1500~4000トン程度、対潜、対空、水上打撃力などの機能を備え、速力30ノット前後の軽快で経済的な汎用水上戦闘艦艇。元来は帆船時代の艦種名で、排水量1000トン前後、3檣横帆、1層の砲甲板をもち、24~34門の大砲を備え、戦列艦に比べ速力と航続力が優れた艦をフリゲートとよび、戦場での偵察・通報、私掠艦の掃討、船団護衛、沿岸警備などに用いた。19世紀後半フリゲートは巡洋艦へと発展し、この名称は使われなくなった。第二次世界大戦中の1942年、イギリスはドイツ潜水艦の攻撃から輸送船団を守るために、基準排水量1370トン、速力20.5ノットのリバー級を建造して、これをフリゲートと呼称し、この艦種名が近代軍艦に対して復活した。フリゲートは[[第二次大戦]]中にイギリス、カナダ、アメリカで多数建造され、対潜能力主体の艦だけでなく[[対空]]戦闘能力重視のものも出現し、重要な艦種となった。(
**現代のフリゲート [#h065564b]
現代の「フリゲート」は基本的に[[排水量]]3000t〜4000t以下の小型戦闘[[艦艇]]を指す。~
~
だが、[[駆逐艦]]とフリゲートの境界は非常にあいまいである。~
例えば、現代イギリス海軍は[[排水量]]を考えず、任務の性質でフリゲートと[[駆逐艦]]を分類している。~
即ち、[[潜水艦]]対策を行う艦を"frigate"、[[航空機]]を駆逐する艦を[["destroyer">駆逐艦]]と称する。~
~
関連:[[護衛駆逐艦]]~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS