• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ふぉねてぃっくこーど){【フォネティックコード】}; [#yda0d2d9]
Phonetic Code.~
無線通信にて、英数符号を口頭で伝える際に誤解を防ぐためのコード。~
そのコードは国(言語)や組織・時代などによって異なるが、現在では[[NATO>北大西洋条約機構]]方式が広範に使われている。~
たとえば[[RAF]]や[[ICAO>国際民間航空機関]]などでは、過去にそれぞれ独自のコードを用いていたが、現在ではともに[[NATO>北大西洋条約機構]]方式へ統一されている。~
たとえば[[RAF]]や[[ICAO>国際民間航空機関]]などでは、過去にそれぞれ独自のコードを用いていたが、現在ではともに[[NATO>北大西洋条約機構]]方式へ統一されている((ただし、雑音や混信などによりこの表現でも認識できない場合は「地名」「人名」など別の表現を使ってもよいとされている。&br;  たとえば「D」を表す「[[デルタ]]」はアメリカの民間航空会社「デルタ航空」との混同が想定されるため「Data」「Dixie」「David」などで言い換えられることもある。))。~
[[NATO>北大西洋条約機構]]に属する[[RAF]]はもとより、民間航空向けの組織である[[ICAO>国際民間航空機関]]でも使用されていることは象徴的である。~
~
[[NATO>北大西洋条約機構]]フォネティックコードの英字表現は、航空軍事用語辞典++の[[英数]]目次を参照。~
数字の発音は以下の通り。~
Zero:ジロ~
Wun:ワン~
Too:トゥー~
Tree:ツリー~
Fower:フォアー~
Fife:ファイフ~
Six:シックス~
Seven:セブン~
Ait:エイト~
Niner:ナイナー~
小数点はPoint(ポイント)或いはDecimal(デシマル)~

⇒ex: 148.5(ワン・フォアー・エイト・ポイント・ファイフ)~
       JA459(ジュリエット・アルファ・フォアー・ファイフ・ナイナー)~
~
上述の通り現在では多くが統一されているが、それ以前は各国・各機関ごとに独自の方式を用いており、戦史等で目にすることがある。~
参考までに、以下に幾つかを示す。

**旧アメリカ軍方式 [#xaa3c0db]
[[アメリカ軍]]がNATO式採用以前に用いていた。~
~
Able (エイブル)~
Baker (ベイカー)~
Charlie (チャーリー)~
Dog (ドッグ)~
Easy (イーズィー)~
Fox (フォックス)~
George (ジョージ)~
How (ハウ)~
Item (アイテム)~
Jig (ジィグ)~
King (キング)~
Love (ラヴ)~
Mike (マイク)~
Nan (ナン)~
Oboe (オーボゥ)~
Peter (ペーター)~
Queen (クイーン)~
Roger (ロジャー)~
Sugar (シュガー)~
Tango (タンゴ)~
Uncle (アンクル)~
Victor (ヴィクター)~
William (ウィリアム)~
X-ray (エクス-レイ)~
York (ヨーク)~
Zebra (ゼブラ)~


関連:[[和文通話表]]



トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS