【フォッカーF28】(ふぉっかーえふにじゅうはち)

Fokker F28 Fellowship.

1960年代、オランダの航空機メーカー「フォッカー社」が開発・生産していた短距離用双発ジェット旅客機
F27などのターボプロップ機の後継となる機種として開発されたもので、フォッカー社初のジェット機でもあった。

最終組み立てはフォッカーが行ったが、機体のコンポーネントは複数のヨーロッパメーカーによる分担生産であった。
また、(西)ドイツ政府とオランダ政府から開発資金の援助も受けていた。

1967年5月に最初の試作機が初飛行し、型式証明は1969年2月に発給された。

機体はダグラスDC-9やBAC 1-11などと同様、機体後部にロールス・ロイス「スペイターボファンを置いたT尾翼で、整備性に優れていたうえ、エアブレーキを採用して着陸時の滑走距離を抑える工夫がなされていた。
また、収納式のタラップ(エアステア)を備え、設備が不十分な地方の空港飛行場でも運用が可能であった。
さらに価格も安価であったことから世界各国の航空会社で採用された他、複数の国の政府や軍隊でも導入され、アルゼンチン空軍によってフォークランド紛争にも投入された。

なお、日本では東亜国内航空全日本空輸が運用するYS-11の後継機候補として検討されたものの採用されなかったため、日本籍のオペレーターによる運用はなかった。

主なオペレーター

  • 民間
    • KLMオランダ航空
    • エールフランス
    • スカンジナビア航空
    • ビーマン・バングラデシュ航空
    • ロイヤル・ヨルダン航空
    • USエアウェイズ
    • アルゼンチン航空
    • エア・ソウル
    • アンセット・オーストラリア航空
    • 南アフリカ航空
    • メルパチ・ヌサンタラ航空
    • 大韓航空
    • ガルーダ・インドネシア航空(退役済み)
  • 政府・軍
    • オランダ政府
    • マレーシア政府
    • アルゼンチン空軍
    • フィリピン空軍

スペックデータ

タイプ-1000-2000-3000-4000
座席数65席79席65席85席
全長27.4m29.6m27.4m29.6m
全高8.47m
翼幅23.6m25.07m
翼面積76.479
アスペクト比7.3:18:1
空虚重量16,144kg16,707kg16,846kg17,611kg
最大離陸重量29,480kg33,110kg
最大ペイロード8,629kg7,976kg8,620kg10,556kg
最大燃料容量13,040リットル
エンジンターボファン×2基
ロールス・ロイス スペイMk.555-15ロールス・ロイス RB.183 Mk.555-15H
エンジン出力9,850lbf/43.9kN
巡航速度848km/h(最大)808km/h(最大)
航続距離1,705km2,872km1,668km
上昇限度10,700m

バリエーション

  • F28-1000:
    70席モデル。
    派生型としてメインデッキに大型貨物ドアを持つ1000Cがある。

  • F28-2000:
    1000型のストレッチモデル。最大79席。
    ナイジェリア航空向けに10機のみ生産。

  • F28-3000:
    1000型の翼幅を延長したモデル。
    派生型としてメインデッキに大型貨物ドアを持つ3000Cがある。

  • F28-4000:
    85席モデル。

  • F28-5000:
    3000型の胴体と翼幅を延長した主翼を組み合わせた型。
    エンジンはロールス・ロイス RB.183 Mk.555-15Hを搭載予定だった。計画中止。

  • F28-6000:
    改良型。 主翼幅が延長され、2000型/4000型より長い胴体を持つ。

  • F28-6600:
    提案のみ。

  • フェアチャイルド228:
    フェアチャイルド・ヒラー社が計画していたアメリカ向け50席モデル。
    エンジンロールス・ロイス? RB.203「トレント」を予定していた。計画中止。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS