• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ふぁるこん){【ファルコン】}; [#p6e734a7]
Falcon.~
英語で隼の意。~
~
+アメリカ合衆国の[[空対空ミサイル]]、[[AIM-4]]/[[AIM-26]]/[[AIM-47]]それぞれの愛称。~
~
+アメリカ合衆国の[[空対地ミサイル]]、[[AIM-76]]の愛称。~
~
+ダッソー ファルコン~
フランスのダッソー社が開発した[[ビジネスジェット機>ビジネス機]]。詳しくは[[ファルコン(ビジネス機)]]を参照。~
~
+ZVI FALCON~
チェコのZVI社で開発された[[ボルトアクション]]式の軍用[[対物狙撃銃>対物ライフル]]。~
[[特殊部隊]]、[[空挺部隊]]、対テロ部隊での運用を前提に、日中時で1,600m、夜間時で800mの狙撃に対応できるように設計されている。~
~
弾薬の違いにより2つのモデルがあり、主に東側諸国で使用されている12.7×108mm弾用のOP96と、主に西側諸国で使用されている12.7×99mm [[NATO>北大西洋条約機構]]弾用のOP99がある。~
~
チェコ共和国軍に採用され、アフガニスタン紛争(2001年〜)で使用されている。~
~
|>|>|CENTER:''スペックデータ''|
|モデル|CENTER:OP96|CENTER:OP99|
|口径|>|CENTER:12.7mm|
|全長|CENTER:1,380mm|CENTER:1,260mm|
|銃身長|CENTER:927mm|CENTER:839mm|
|重量|CENTER:12,700g|CENTER:12,200g|
|作動方式|>|CENTER:ボルトアクション|
|使用弾薬|CENTER:12.7×108mm弾|CENTER:12.7×99mm NATO弾|
|装弾数|>|CENTER:1発(装填式マガジン)|
|銃口初速|CENTER:790〜900m/秒|CENTER:825〜925m/秒|
|有効射程|>|CENTER:日中1,600m、夜間800m|
~
+Falcon 1~
アメリカのスペースX社が開発した商業用宇宙ロケット。~
世界初の民間主導で開発されたロケット((これまでは軍で余剰となった[[弾道ミサイル]]を転用した物が多かった。))で、2006年から運用が開始された。~
世界初の民間企業主導で開発されたロケット((これまでは軍で余剰となった[[弾道ミサイル]]を転用したもの、あるいはそれをベースに開発されたものが多かった。))で、2006年から運用が開始された。~
~
二段式ロケットで、一段目は「マーリン」[[ロケットエンジン]]を、二段目は「ケストレル」ロケットエンジンを使用する。~
いずれも自社開発のエンジンであり液体酸素とケロシンRP-1を推進剤としている。~
また、ファルコン9(後述)とは部品が共通化されており、製造コストを抑制している。~
~
2010年以降はファルコン9の開発・製造に注力するために運用停止中である。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|種別|人工衛星打ち上げロケット|
|製造|[[スペースX]]社|
|全高|21.3m|
|直径|1.7m|
|全備重量|38,555kg|
|段数|2段|
|[[ペイロード]]|[[LEO>低軌道]]:670kg&br;[[SSO>太陽同期軌道]]:430kg|
|エンジン|第1段:マーリン1A/1C[[ロケットエンジン]]([[推力]]:454kN・比推力:255秒(海面高度))×1基&br;第2段:ケストレル ロケットエンジン(推力:31kN・比推力:327秒(真空中))×1基|
|燃料|[[RP-1>ケロシン]]/LOX|
|運用年|2006〜2009年|
|>|>|>|CENTER:''スペックデータ''|
|種別|>|>|CENTER:人工衛星打ち上げロケット|
|製造|>|>|CENTER:[[スペースX]]社|
|射点|>|>|CENTER:クェゼリン(マーシャル諸島)|
|形式|ファルコン1&br;(マーリンA)|ファルコン1&br;(マーリンC)|ファルコン1e|
|全高|21.3m|22.25m|26.83m|
|直径|>|>|CENTER:1.7m|
|フェアリング直径|>|CENTER:1.5m|1.71m|
|全備重量|>|>|CENTER:38,555kg|
|離陸重量|27.2t|33.23t|38.56t|
|段数|>|>|CENTER:2段|
|[[ペイロード]]|>|>|CENTER:[[LEO>低軌道]]:670kg&br;[[SSO>太陽同期軌道]]:430kg|
|第1段エンジン|マーリン1Aロケットエンジン×1基|>|マーリン1Cロケットエンジン×1基|
|エンジン[[推力]]&br;(第1段)|>|>|CENTER:454kN|
|比推力&br;(第1段)|>|>|CENTER:255秒(海面高度)|
|第2段エンジン|>|>|CENTER:ケストレルロケットエンジン×1基|
|エンジン推力&br;(第2段)|>|>|31kN|
|比推力&br;(第2段)|>|>|327秒(真空中)|
|[[燃料]]|>|>|CENTER:[[RP-1>ケロシン]]/LOX|
|運用年|>|>|CENTER:2006〜2009年|
~
【派生型】~
--ファルコン1(マーリン1A):~
開発初期型。~
~
--ファルコン1(マーリン1C):~
エンジンと機体を改良した型。~
エンジンは再生冷却式のノズルと燃焼室を持つ「マーリンC」を搭載している。~
~
--ファルコン1e:~
機体全長を延長し、燃料搭載量を増やしてペイロードの搭載重量を増加させた計画案。~
~
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''打ち上げ実績''|
|>|CENTER: 号機|CENTER: 打ち上げ年月日|CENTER: 射点|CENTER: バージョン|CENTER: 搭載衛星|CENTER: 結果|
|>| 1| 2006/05/24| クェゼリン| マーリン1A| ファルコンサット-2/[[DARPA>国防高等研究計画局]]&br;(プラズマ観測衛星)| 失敗((燃料漏れにより、打ち上げ後25秒でエンジン停止。ロケット本体喪失。))|
|>| 2| 2007/03/21| クェゼリン| マーリン1A| デモサット/DARPA| 部分成功((第2段エンジンが早期に燃焼停止し、予定の軌道へ到達せず。))|
|>| 3| 2008/08/03| クェゼリン| マーリン1C| Trailblazer/Operationally Responsive Space&br;PREsat/[[NASA]]&br;ナノセイルD/[[NASA]]&br;Explorers/Celestis| 失敗((1段目の切り離しに失敗。1段目が2段目に追突し、ロケットが破壊された。))|
|>| 4| 2008/09/28| クェゼリン| マーリン1C| 擬似ペイロード(重量シミュレーター、165kg)((元々はRazakSATを予定していた。))| 成功|
|>| 5| 2009/07/24| クェゼリン| マーリン1C| RazakSAT&br;(リモートセンシング衛星、重量180kg)&br;(マレーシア)| 成功((商業打ち上げでは初である。))|
|>|CENTER: 号機|CENTER: 打ち上げ&br;年月日|CENTER: 打ち上げ&br;成否|CENTER: バージョン|CENTER: 搭載衛星|CENTER: 備考|
|>| 1| 2006/05/24| 失敗| マーリン1A| ファルコンサット-2/[[DARPA>国防高等研究計画局]]&br;(プラズマ観測衛星)|打ち上げ後25秒で&br;エンジン停止。&br;ロケット本体喪失。|
|>| 2| 2007/03/21| 部分成功|~| デモサット/DARPA| 第2段エンジンが&br;早期に燃焼停止し、&br;予定の軌道へ到達せず。|
|>| 3| 2008/08/03| 失敗| マーリン1C| Trailblazer/Operationally &br;Responsive Space&br;PREsat/[[NASA]]&br;ナノセイルD/[[NASA]]&br;Explorers/Celestis| 1段目の切り離しに失敗し、&br;1段目が2段目に追突。&br;ロケットが破壊された。|
|>| 4| 2008/09/28| 成功|~| 擬似ペイロード&br;(重量シミュレーター、165kg)((元々はRazakSATを予定していた。))||
|>| 5| 2009/07/24|~|~| RazakSAT&br;(リモートセンシング衛星)&br;(マレーシア)| 商業打ち上げでは初。|
~
+Falcon 9~
アメリカのスペースX社が開発した商業用打ち上げロケット。~
同社が開発したファルコン1を基に機体を大型化し、液体酸素/RP-1を推進剤としたエンジンを使用する2段式のロケットである。~
~
大型の貨物や有人宇宙船の打ち上げを想定して設計されており、[[NASA]]の商業軌道輸送サービス (COTS) 計画の下で開発した「ドラゴン」補給機を使って[[ISS>国際宇宙ステーション]]への補給を行う商業補給サービス (CRS) の契約をNASAから受注しており、その打上げロケットとしても使われている。~
~
|>|>|>|>|CENTER:''打ち上げ実績''|
|>| 号機| 打ち上げ&br;年月日| 搭載衛星| 結果|
|>| 1| 2010/06/04| ドラゴン宇宙船&br;(認証モデル(模型))| 成功|
|>| 2| 2010/12/08| ドラゴン宇宙船(COTS Demo Flight1)&br;CubeSat×8機| 成功|
|>| 3| 2012/05/22| ドラゴン宇宙船 (COTS Demo Flight2+)&br;遺灰((スペース・サービシスが企画したファルコンロケット使用の宇宙葬「エクスプローラーズ・フライト」による。))&br;(ジェームズ・ドゥーアン、ゴードン・クーパー、ランディ・ヴァンウォーマー 他)| 成功|
|>| 4| 2012/10/08| ドラゴン宇宙船(SpaceX CRS-1)&br;ORBCOMM-G2(通信衛星)| 成功&br;(通信衛星は&br;部分的失敗((予定より低い不安定な軌道に投入されてしまい、安定した軌道に上昇させることが断念された。衛星は最低限の運用ののち大気圏に突入した。)))|
|>| 5| 2013/03/01| ドラゴン宇宙船(SpaceX CRS-2)| 成功|
|>| 6| 2013/09/29((カナダ宇宙庁からの受注によるドラゴン宇宙船以外の宇宙機のみを搭載した初の商業ミッション。))| CASSIOPE&br;POPACS&br;DANDE&br;CUSat| 成功|
|>| 7| 2013/12/03| SES-8&br;(通信衛星)| 成功|
|>| 8| 2014/01/06| Thaicom-6(通信衛星)| 成功|
|>|>|>|>|>|CENTER:''打ち上げ実績''|
|>| 号機| 打ち上げ&br;年月日| 打ち上げ成否| 搭載衛星| 備考|
|>| 1| 2010/06/04| 成功| ドラゴン宇宙船&br;(認証モデル(模型))||
|>| 2| 2010/12/08|~| ドラゴン宇宙船(COTS Demo Flight1)&br;CubeSat×8機||
|>| 3| 2012/05/22|~| ドラゴン宇宙船 (COTS Demo Flight2+)&br;遺灰((ジェームズ・ドゥーアン、ゴードン・クーパー、ランディ・ヴァンウォーマー 他の各氏。))((スペース・サービシスが企画したファルコンロケット使用の宇宙葬「エクスプローラーズ・フライト」による。))||
|>| 4| 2012/10/08|~|ドラゴン宇宙船(SpaceX CRS-1)&br;ORBCOMM-G2(通信衛星)| 通信衛星は&br;部分的失敗((予定より低い不安定な軌道に投入されてしまい、安定した軌道に上昇させることが断念された。衛星は最低限の運用ののち大気圏に突入した。))|
|>| 5| 2013/03/01|~| ドラゴン宇宙船(SpaceX CRS-2)| |
|>| 6| 2013/09/29((カナダ宇宙庁からの受注によるドラゴン宇宙船以外の宇宙機のみを搭載した初の商業ミッション。))|~| CASSIOPE&br;POPACS&br;DANDE&br;CUSat| |
|>| 7| 2013/12/03|~| SES-8&br;(通信衛星)| |
|>| 8| 2014/01/06|~| Thaicom-6(通信衛星)| |
~
+ダッソー ファルコン~
フランスのダッソー社が開発した[[ビジネスジェット機>ビジネス機]]。詳しくは[[ファルコン(ビジネス機)]]を参照。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS