• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(ふぁるこん){【ファルコン】}; [#p6e734a7]
Falcon.~
英語で隼の意。~
~
+アメリカ合衆国の[[空対空ミサイル]]、[[AIM-4]]の愛称。~
+アメリカ合衆国の[[空対空ミサイル]]、[[AIM-4]]/[[AIM-26]]/[[AIM-47]]それぞれの愛称。~
~
+アメリカ合衆国の空対空ミサイル、[[AIM-26]]の愛称。~
~
+アメリカ合衆国の空対空ミサイル、[[AIM-47]]の愛称。~
~
+アメリカ合衆国の[[空対地ミサイル]]、[[AIM-76]]の愛称。~
~
+Falcon 1~
アメリカのスペースX社が開発した商業用打ち上げロケット。~
世界初の民間主導で開発されたロケット((これまでは余剰となった[[弾道ミサイル]]を転用した物が多かった。))で、2006年から運用が開始された。~
アメリカのスペースX社が開発した商業用宇宙ロケット。~
世界初の民間主導で開発されたロケット((これまでは軍で余剰となった[[弾道ミサイル]]を転用した物が多かった。))で、2006年から運用が開始された。~
~
二段式ロケットで、一段目は「マーリン」[[ロケットエンジン]]を、二段目は「ケストレル」ロケットエンジンを使用する。~
いずれも自社開発のエンジンであり液体酸素とケロシンRP-1を推進剤としている。~
また、ファルコン9(後述)とは部品が共通化されており、製造コストを抑制している。~
~
2010年以降はファルコン9の開発・製造に注力するために運用停止中である。~
~
【スペックデータ】~
|種別|人工衛星打ち上げロケット|
|製造|[[スペースX]]社|
|全高|21.3m|
|直径|1.7m|
|全備重量|38,555kg|
|段数|2段|
|[[ペイロード]]|[[LEO>低軌道]]:670kg&br;[[SSO>太陽同期軌道]]:430kg|
|エンジン|第1段:マーリン1A/1C[[ロケットエンジン]]([[推力]]:454kN・比推力:255秒(海面高度))×1基&br;第2段:ケストレル ロケットエンジン(推力:31kN・比推力:327秒(真空中))×1基|
|燃料|[[RP-1>ケロシン]]/LOX|
|運用年|2006〜2009年|
~
【派生型】~
--ファルコン1(マーリン1A):~
開発初期型。~
~
--ファルコン1(マーリン1C):~
エンジンと機体を改良した型。~
エンジンは再生冷却式のノズルと燃焼室を持つ「マーリンC」を搭載している。~
~
--ファルコン1e:~
機体全長を延長し、燃料搭載量を増やしてペイロードの搭載重量を増加させた計画案。~
~
【打ち上げ実績】~
|>| 号機| 打ち上げ年月日| 射点| バージョン| 搭載衛星| 結果|
|>| 1| 2006/05/24| クェゼリン| マーリン1A| ファルコンサット-2/[[DARPA>国防高等研究計画局]]&br;(プラズマ観測衛星)| 失敗((燃料漏れにより、打ち上げ後25秒でエンジン停止。ロケット本体喪失。))|
|>| 2| 2007/03/21| クェゼリン| マーリン1A| デモサット/DARPA| 部分成功((第2段エンジンが早期に燃焼停止し、予定の軌道へ到達せず。))|
|>| 3| 2008/08/03| クェゼリン| マーリン1C| Trailblazer/Operationally Responsive Space&br;PREsat/[[NASA]]&br;ナノセイルD/[[NASA]]&br;Explorers/Celestis| 失敗((1段目の切り離しに失敗。1段目が2段目に追突し、ロケットが破壊された。))|
|>| 4| 2008/09/28| クェゼリン| マーリン1C| 擬似ペイロード(重量シミュレーター、165kg)((元々はRazakSATを予定していた。))| 成功|
|>| 5| 2009/07/24| クェゼリン| マーリン1C| RazakSAT&br;(リモートセンシング衛星、重量180kg)&br;(マレーシア)| 成功((商業打ち上げでは初である。))|
~
+Falcon 9~
アメリカのスペースX社が開発した商業用打ち上げロケット。~
同社が開発したファルコン1を基に機体を大型化し、液体酸素/RP-1を推進剤としたエンジンを使用する2段式のロケットである。~
~
大型の貨物や有人宇宙船の打ち上げを想定して設計されており、[[NASA]]の商業軌道輸送サービス (COTS) 計画の下で開発した「ドラゴン」補給機を使って[[ISS>国際宇宙ステーション]]への補給を行う商業補給サービス (CRS) の契約をNASAから受注しており、その打上げロケットとしても使われている。~
~
【打ち上げ実績】~
|>| 号機| 打ち上げ年月日| 搭載衛星| 結果|
|>| 1| 2010/06/04| ドラゴン宇宙船&br;(認証モデル(模型))| 成功|
|>| 2| 2010/12/08| ドラゴン宇宙船(COTS Demo Flight1)&br;CubeSat×8機| 成功|
|>| 3| 2012/05/22| ドラゴン宇宙船 (COTS Demo Flight2+)&br;遺灰((スペース・サービシスが企画したファルコンロケット使用の宇宙葬「エクスプローラーズ・フライト」による。))&br;(ジェームズ・ドゥーアン、ゴードン・クーパー、ランディ・ヴァンウォーマー 他)| 成功|
|>| 4| 2012/10/08| ドラゴン宇宙船(SpaceX CRS-1)&br;ORBCOMM-G2(通信衛星)| 成功&br;(通信衛星は部分的失敗((予定より低い不安定な軌道に投入されてしまい、安定した軌道に上昇させることが断念された。衛星は最低限の運用ののち大気圏に突入した。)))|
|>| 5| 2013/03/01| ドラゴン宇宙船(SpaceX CRS-2)| 成功|
|>| 6| 2013/09/29((カナダ宇宙庁からの受注によるドラゴン宇宙船以外の宇宙機のみを搭載した初の商業ミッション。))| CASSIOPE&br;POPACS&br;DANDE&br;CUSat| 成功|
|>| 7| 2013/12/03| SES-8&br;(通信衛星)| 成功|
|>| 8| 2014/01/06| Thaicom-6(通信衛星)| 成功|
~
+ダッソー ファルコン~
フランスのダッソー社が開発したビジネスジェット機。~
フランスのダッソー社が開発した[[ビジネスジェット機>ビジネス機]]。~
1950年代から開発が開始され、1963年にファルコン20が[[初飛行]]した。~
~
その後、ファルコン 20の成功を受け、1970年にはやや小規模なサイズのファルコン 10、1976年にはエンジンを三発にし大型化したファルコン 50も開発された。~
その後、ファルコン20の成功を受け、1970年にはやや小規模なサイズのファルコン10、1976年にはエンジンを三発にして大型化したファルコン50も開発された。~
~
現在に至るまでのシリーズ類型生産数は1,000機を超えており、[[日本航空]]の訓練機や社用機などの民間のビジネス機としてのみならず、フランス海軍や[[アメリカ沿岸警備隊]]、[[海上保安庁]]などの軍・政府機関でも用いられている。~
現在に至るまでのシリーズ累計生産数は1,000機を超えており、[[日本航空]]の乗員訓練機や社用機などの民間のビジネス機としてのみならず、フランス海軍や[[アメリカ沿岸警備隊]]、[[海上保安庁]]などの軍・政府機関でも用いられている。~
~
【スペックデータ】~
|>|CENTER:''ファルコン10/100''|
|乗員数|2名|
|乗客数|8名(最大)|
|全長|13.86m|
|全高|4.61m|
|全幅|13.08m|
|自重|4.8t|
|[[エンジン]]|ギャレット TFE731-2 [[ターボファン]]([[推力]]3,230lbs)×2基&br;ギャレット TFE731-2-1Cターボファン×2基(ファルコン100)|
|巡航速度|912km/h(最大)|
|[[航続距離]]|約3,500km|
~
|>|CENTER:''ファルコン20/200''|
|乗員数|2名|
|乗客数|120名(最大)|
|全長|17.15m|
|全高|5.32m|
|全幅|16.32m|
|自重|8.2t|
|エンジン|ギャレット ATF3-6A-4C ターボファン(推力2.4t)×2基|
|巡航速度|870km/h(最大)|
|航続距離|4,650km|
~
|>|CENTER:''ファルコン50''|
|乗員数|2名|
|乗客数|10名(最大)|
|全長|18.5m|
|全高|6.97m|
|全幅|18.86m|
|自重|9.2t|
|エンジン|ギャレット TFE731-3 ターボファン(推力1.7t)×3基|
|巡航速度|888km/h(最大)|
|航続距離|6,480km|
~
|>|CENTER:''ファルコン900''|
|乗員数|2名|
|乗客数|19名(最大)|
|全長|20.21m|
|全高|7.55m|
|全幅|19.33m|
|自重|10.5t|
|エンジン|ハネウェル TFE731-5BR-1C ターボファン(推力2.1t)×3基|
|巡航速度|927km/h(最大)|
|航続距離|約7,400km|
~
|>|CENTER:''ファルコン2000''|
|乗員数|2名|
|乗客数|19名(最大)|
|全長|20.23m|
|全高|6.98m|
|全幅|19.33m|
|自重|8.9t|
|エンジン|[[GE>ジェネラルエレクトリック]] CFE738-1-1B ターボファン(推力2.7t)×2基|
|巡航速度|893km/h(最大)|
|航続距離|5,787km|
~
|>|CENTER:''ファルコン7X''|
|乗員数|3名([[機長]]、[[副操縦士>副機長]]と客室乗務員1名)|
|乗員数|3名([[機長]]、[[副操縦士>副機長]]と[[客室乗務員>フライトアテンダント]]1名)|
|乗客数|12名(最大)|
|全長|23.19m|
|全高|7.863m|
|全幅|26.21m|
|主翼面積|70.7|
|自重|15,456kg|
|積載量|15,843kg|
|最大離陸重量|31,299kg|
|離着陸距離&br;([[離陸]]/[[着陸]])|5,505ft/2,262ft|
|[[エンジン]]|[[プラット&ホイットニー・カナダ>プラット&ホイットニー]] PW307Aターボファン(推力28.46kN)×2基|
|速度&br;(最大/巡航)|953km/h / 900km/h|
|[[航続距離]]|11,019km(5,950nm、乗客8名)|
|[[上昇限度]]|15,545m|
|[[アビオニクス]]|ファルコン EASy|
~
【バリエーション】~
-ファルコン 10:~
ファルコン20をさらに小型化した機体。~
~
--ファルコン100:~
後期型。エンジンをTFE731-2-1Cに換装している。~
~
-ファルコン 20:~
初期型。エンジンはGE製のGE700-2Cを搭載。~
後にファルコン20Cと呼ばれた。~
~
--ファルコン 20D:~
エンジンをGE700-2Dに変更し、燃料容量・最大離陸重量を増加した型。~
~
--ファルコン 20E:~
エンジンをGE700-2D-2に変更し、更なる最大離陸重量増加、大容量のスターター/ジェネレーターを装備した型。~
~
--ファルコン 20F:~
燃料タンクを拡大し、[[スラット]]の追加により離着陸性能を向上させた型。~
~
--ファルコン 20G:~
海上哨戒・救難用モデル。~
エンジンはギャレット・エアリサーチ製のATF3-6-2Cに変更された。~
~
--ファルコン 200(旧称ファルコン 20H):~
後期生産型。エンジンをATF3-6A-4Cに変更し、燃料タンクを拡大した。~
~
--ファルコン・カーゴジェット:~
貨物機型。フェデックスが採用した。~
[[貨物機]]型。フェデックスが採用した。~
~
--ファルコン 20C-5/D-5/E-5/F-5:~
エンジンをTFE731-5AR-2CあるいはTFE731-5BR-2Cに換装した改造機。~
~
-[[アメリカ沿岸警備隊]]向け(HU-25「ガーディアン」)~
--HU-25A:~
ファルコン20Gをベースにした、アメリカ沿岸警備隊の捜索救難機。1982年配備開始。~
--HU-25B:~
HU-25Aに側方監視レーダー([[SLAR]])を追加した型。~
--HU-25C:~
HU-25Aに[[AN/APG-66]][[レーダー]]を装備した型。麻薬密輸取り締まり任務に使用。~
--HU-25C+:~
HU-25CのレーダーをAN/APG-66(V)2に換装したアップグレード型。~
--HU-25D:~
HU-25Aに逆[[合成開口レーダー]]を装備したアップグレード型。~
~
-ファルコン 50:~
ファルコンシリーズ中で最初の三発エンジン型。~
--ファルコン 50EX:~
エンジンを換装した型。~
~
-ファルコン 900:~
ファルコン 50の拡大改良型。~
エンジンはTFE731-5AR-1Cを搭載。~
--ファルコン 900MSA:~
日本の[[海上保安庁]]向け洋上捜索機型。~
--ファルコン 900B:~
TFE731-5BR-1Cエンジンを搭載する型。1991年生産開始。~
--ファルコン 900EX:~
[[航続距離]]8,340kmの長距離型。~
[[グラスコックピット]]を採用し、TFE731-60エンジンを搭載。~
1996年引き渡し開始。
--ファルコン 900C:~
900Bの[[アビオニクス]]改良型。2000年引き渡し開始。~
--ファルコン 900DX:~
中距離型。エンジンはTFE731-60を搭載。~
--ファルコン 900LX:~
900EXに[[ウイングレット]]を装備し、航続距離を8,800kmに延長した型。~
~
-ファルコン 2000:~
ファルコン 20/200の後継として1990年代に開発された双発エンジン型。~
エンジンはゼネラル・エレクトリック製CFE738-1-1Bを搭載。~
--ファルコン 2000EX:~
エンジンをプラット・アンド・ホイットニー・カナダ PW308Cに変更した型。~
2001年10月に初飛行。^
--ファルコン 2000EX EASy:~
2000EXのアビオニクス改良型。~
--ファルコン 2000LX:~
現在販売中の最新型。~
2000EX EASyにウィングレットを装備し、航続距離を7,408kmに延長した。~
--ファルコン 2000S:~
離着陸性能を向上させた型。開発中。~
--ファルコン 2000LXS:~
2000LXの離着陸性能向上型。開発中。~
~
-ファルコン 7X:~
ファルコン50/900の形態を踏襲する三発型の最新型。~
飛行制御には全面的に[[フライバイワイヤー]]を用いている。~
また、ファルコンシリーズとして初めて[[ウイングレット]]を装備した。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS