【ビゲン】(びげん)

SAAB37"Viggen*1".
スウェーデンのサーブ社が、ドラケンの後継機として開発した戦闘・攻撃・偵察機。

当時中立政策を掲げていたスウェーデンでは有事に先制攻撃を受けることが予想されたため、それに耐える抗堪性が重視された。
このため地下壕への収納を考慮して、垂直尾翼が折りたたみ式になっている。
また国中に分散配備するため、自動車用の高速道路を滑走路として使用できるよう考慮され、500メートルの直線道路があれば離着陸できるSTOL性能が要求された。
低速から高い揚力を生じるクロースカップルドデルタや、短距離で着陸するためのスラストリバーサーが装備された*2

しかし、これらの装備により重量は増加し、主脚はダブルタイヤとなり、さらには舗装強化された道路でなければ着陸できず、かえって離着陸できる場所が制限される皮肉な結果となってしまった。
また、優秀ではあるが国情を押し込めたため極端な機体となり、輸出事業には失敗している*3
このため後継機のグリペンでは、軽量化・単一機での多用途化・輸出の促進などが課題となった。

スペックデータ

バリエーション

多目的戦闘機をうたっているが、実際には任務別に異なる機体を使用する。

  • AJ37:
    ビゲンの基本型で攻撃機型。自律航法能力や地形追随飛行能力を持つ。
    1967年初飛行。

  • JA37:
    迎撃戦闘機型。
    垂直尾翼を大型化し、エンジンをボルボ?RM8AからRM8Bに強化している。
    レーダールックダウン能力を持つLMエリクソンDAXとなり、固定武装としてエリコン?KCA 30mm機関砲を備える
    1977年初飛行。

  • SH37:
    海洋監視機(哨戒機)型。
    機体はAJ37に準ずる。

  • SF37:
    写真偵察機型。

  • SK37:
    機種転換訓練用の複座型。

*1 スウェーデン語で雷光の意。
*2 ちなみに、アフターバーナーとスラストリバーサーの両方をもつ戦闘機は、本機とトーネードの二種のみである。
*3 航空自衛隊第2次FXでも候補の一つとして挙がったが、航続距離や滞空時間が短いなどの理由で採用されなかった。
*4 後にボルボ・フリグモーター、現ボルボ・エアロ。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS