【バスタブ】(ばすたぶ)

アメリカ空軍が使用している攻撃機A-10「サンダーボルト供廚コックピット部分に施された チタニウム装甲板の通称。
合計1310kgにも及び、自重の10%を優に超える。

(開発当時、仮想敵国であったソ連陸軍が対空機関砲として用いていた)23mm機関砲弾の直撃を受けてもパイロットを保護することが出来るといわれており、A-10の生存性を支える大きな要素となっている。
ただし、この耐弾性能は近接信管で炸裂する榴弾が着弾したケースを想定しており、例えば20mm対物ライフルから放たれた徹甲弾が命中した場合には貫通を免れないという。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS