【ハ−43】(は−43)

三菱重工が開発した発動機。
金星系列の空冷復列星形14気筒発動機を、18気筒に改めて設計された。
同級発動機である中島飛行機?発動機に比べ、やや大振りな設計であるものの、発動機はその精巧な設計が災いしたところをみると、日本の技術・工業力において、ハ43系列の方がその身丈に合った発動機であった、と言えなくもない。 しかし、完成が遅かったため、軍は発動機の生産を優先し、ハ43系列の発動機を搭載した航空機はほとんど誕生することはなかった。

バリエーション;
 ハ43-11/ハ43-12/ハ43-21/ハ43-22/ハ43-31/
 ハ43-41/ハ43-42/ハ43-43/ハ43-51
性能諸元(ハ43-11)
 離床出力:2200HP/2900rpm
 出力:1930HP/5000m/2800rpm
 排気量:41.7L
 形式:空冷復列星形18気筒/OHV


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS