【ハンス・ウルリッヒ・ルーデル】(はんす・うるりっひ・るーでる)

第二次世界大戦時、Ju87急降下爆撃機を操って敗戦まで出撃を繰り返し、
歴史上もっとも多くの戦車を撃破したパイロットとされている。
ルーデルは非常に卓越した操縦技術を持っていたが、その一方で社交性に乏しかった。
そのためか、1938年8月にJu87部隊に配属された後、偵察機部隊に転属され、1941年初頭までの間後方で訓練と教育に明け暮れた。
だが、バトル・オブ・ブリテンにおいてJu87が大きな損害を出したことを考えると、この時期に前線から遠ざかっていたことは幸運だったかもしれない。
ルーデルが脚光を浴びるのは1941年の独ソ戦からで、ソ連?戦艦マラート?を1.4t爆弾で大破着底させるなどの活躍を見せ、最高のJu87パイロットと賞賛された。
対空砲?弾で右足を失いながらも義足で出撃を続け、2530回出撃、30回撃墜され、5度負傷。
戦果も戦車519輛撃破、戦艦巡洋艦駆逐艦各一隻撃沈、舟艇100隻以上撃破、車輛千台以上撃破、9機撃墜とずば抜けており、
スターリンに「ソ連人民最大の敵」と言わしめ、賞金まで掛けられたという。
ドイツ軍で唯一の黄金ダイヤモンド柏葉剣付騎士十字章を授章された。
戦後も登山家として活躍した。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS