【ハリアー】(はりあー)

Hawker Siddeley Harrier.
イギリスのホーカーシドレー?社が開発したSTOVL攻撃機
世界で唯一成功したSTOVL機ともいわれる。

冷戦時代のにらみ合いにおいて、敵に滑走路を破壊されても運用可能なVTOL機は空軍の悲願であった。
世界各国がVTOL機を試作しては失敗する中、本機の原型となる P.1127 とケストレルが1960年に初飛行した。

本機における最大の成功要因は、VTOLエンジンである、ロールスロイス・ペガサス ターボファンにある。
このエンジンは機体中央部に配置され、4つの推力偏向ノズルを持つ。前方2つはバイパス流を、後方2つはコア流を噴射する。
VTOL時は下方に、STOL時は斜め後ろに、巡航時は後方に噴射される他、空戦機動時にもノズルを傾けて旋回性能を向上させるVIFFモードを持つ。
また、VTOLモードにおけるダウンウォッシュの影響を避けるため、主翼下反角が大きく面積が小さいことも特徴である。

本機に代わるSTOVL機が登場しなかったため、改良が繰り返され、シーハリアーやハリアー2などの発展型が運用され続けている。

アメリカではマクダネル・ダグラスがライセンス生産する形で採用されたが、後に発展改良したハリアー2を開発した。
この改良型は、機体の素材にカーボン材を使用することで大幅な軽量化に成功し、それまでの大きな欠点であった航続距離ペイロードの大幅な改善に成功した。 このAV-8BにさらにFLIRを搭載し夜間攻撃能力を付与されたナイトアタック型や、レーダーにF/A-18などと同じAPG-65を搭載して高度な目視外射程戦闘能力を持った AV-8B plus なども生産されている。

  • GR.1: RAF向けの初期量産型
  • GR.3: GR.1 の攻撃力を強化したタイプ
  • GR.5: AV-8B の逆輸入型
  • GR.7: AV-8B plus の逆輸入型
  • T.2: 機種転換用の複座練習型
  • T.4: T.2 の発展型
  • AV-8A: アメリカ海兵隊向けの初期量産型。マクダネル・ダグラスライセンス生産
  • AV-8B: AV-8A の大幅改良型。中止となったAV-16計画の技術を転用しており、ペイロードがほぼ2倍、その他の能力も大幅に強化されている
  • AV-8C: AV-8A のレーダー警戒装置やチャフフレアなど、防御面を強化したタイプ
  • TAV-8A: AV-8A の複座練習型
  • AV-8S: スペイン海軍向けAV-8Bで、愛称はマタドール
  • EAV-8B: スペイン海軍向けのハリアー競廛薀



harrier.jpg

Harrier GR.5/7
Photo: Royal Navy


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS