【ノースロップ・グラマン】(のーすろっぷ・ぐらまん)

ノースロップ・グラマン(Northrop Grumman Corporation)。

1994年にノースロップグラマンを買収、吸収合併する事で誕生したアメリカの大手航空機メーカー。
戦闘機・軍用輸送機・人工衛星・ミサイル・軍艦などを主に製造し、軍需メーカーとしてはロッキード・マーティン?ボーイングに次いで世界で3番目の地位を占める。

グラマンとの合併直後、ウェスティングハウスの防衛部門や軍事レーダー企業などの軍事企業を次々に買収。
更に2000年にはリットン・インダストリ?を買収し、インガルス造船所とエイボンデール造船所の双方を傘下に置く。翌2001年にはニューポート・ニューズ・シップビルディング・ドライ&ドッグ社と合併。米国最大の造船企業となった。

長年に渡りライバルのロッキード・マーティン?との合併交渉を行ってきたが、新機種開発の事情や国防技術の衰退を嫌う議会の未承認などの理由により1998年に合併交渉を中止している。

近年は新型機の採用や量産計画が無かったが、2008年にアメリカ空軍との間でKC-X? (次期空中給油輸送機計画)についてエアバスが開発しA330MRTTKC-45?として納入する契約を結ぶことに成功。
しかしKC-767?案を提出していたボーイングが米会計検査院(GAO)へ提訴した事で選定は振り出しに戻り、ノースロップ・グラマン側が入札から降りた事で最終的には不採用となった。

主な製品

戦闘機:F-5F-20F-14YF-17?F/A-18の原型機)
無人機:RQ-4「グローバルホーク」
爆撃機:B-2
輸送機:C-2
早期警戒機:E-2

艦船:ニミッツ級航空母艦ロサンゼルス級原子力潜水艦


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS