【タイコンデロガ】(たいこんでろが)

Ticonderoga
アメリカ合衆国ニューヨーク州の地名。
アメリカ独立戦争時代、この地にあった要塞での戦いにちなみ、アメリカ海軍艦艇の名前に複数回使われている。

正規空母(CV-14)

CV-14 USS Ticonderoga.

エセックス級航空母艦の6番艦。
太平洋戦争中の空母建造ラッシュのなかで建造され、1944年に就役した。
オリジナルの「エセックス」に比べると艦首飛行甲板前端に機銃座を増設したため船体が長く、本艦と同様のものを「タイコンデロガ級航空母艦」と称する場合もある。
ただし本艦の就役は遅れ、タイコンデロガ級の中で一番最初に就役したのは「ハンコック(CV-19)」となった。

戦後は一時退役していたが、斜め飛行甲板の追加など、ジェット機運用のための近代化改修を行い、1957年に復帰した。
1964年のトンキン湾事件において「報復」と自称する攻撃をおこない、ベトナム戦争拡大のきっかけとなったことでも知られる。
1965年には水爆を積んだ艦載機A-4「スカイホーク」攻撃機)が海中へ転落する事故(ブロークンアロー)が発生している*1
1969年に対潜空母(CVS-14)へ艦種変更され、1973年に退役した。

イージス巡洋艦(CG-47)

CG-47 USS Ticonderoga.

タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の1番艦にして、世界初のイージス艦*2
RIM-66を同時に16〜24(諸説あり)の空中目標へ誘導することができるといわれる。
スプルーアンス級駆逐艦の船体設計にイージスシステムを搭載する形で建造されたため、船体に比べて艦橋などの上部構造物が大型化している。
スプルーアンス級から派生したため、発注時点ではミサイル駆逐艦に分類されていたが、駆逐艦としては排水量が大きく、また従来のミサイル巡洋艦を凌駕する性能を持っていたことから、起工時にミサイル巡洋艦へ改められた。

ベースライン0及び1と呼ばれる初期の5隻にはイージス艦の特徴と思われている垂直発射システム(VLS)ではなく、スプルーアンス級と同じくMk26「GMLS」連装ミサイル発射機を装備しており、VLSを装備するのは6番艦「バンカーヒル」以降となっている。
同型艦は27隻にも及んだが、1隻あたりの価格が10億ドルにも達し、今後新造される予定はなく順次退役。
予定通りであれば、2034年には全艦が姿を消すことになる。

1番艦「タイコンデロガ」の2017年予定を始め、暫くの間運用される予定であったが、タイコンデロガが2004年9月30日に退役したのを皮切りに、既にベースライン0・1の5艦が退役している。
垂直発射システムを装備するベースライン2以降の22隻には、今後ミサイル防衛機能が付与され、RIM-161(SM-3)が配備される予定である。
RIM-161開発のため「レイク・エリー」や「シャイロー」に同ミサイルの発射能力が付与されている。

今後、タイコンデロガ級の任務はミサイル防衛に重きが置かれるようになり、アメリカ海軍における艦隊防空任務の中心は、廉価版イージス艦であるアーレイ・バーク級駆逐艦へ移される予定である。

なお、余談ながら本艦型は1999年以後、アメリカ海軍が保有する唯一の「巡洋艦」となっている*3
航空母艦の艦長はエビエーター出身者が就くことになっているため、水上艦勤務の大佐にとって本級の艦長職は目標になっている*4

後継艦

本級の後継艦としては「CG(X)」の建造が計画されていたが、高額な建造費により2010年に計画中止となった。
その後、中国人民解放海軍の055型?駆逐艦の就役と新型対艦ミサイルの拡充を受け、水上艦戦力の拡充が図られることになり、巡洋艦の開発計画が再開されることになった。
2021年度予算案において本艦級の後継巡洋艦の開発費用が盛り込まれ、2025年までに1番艦建造に必要な作業を終わらせることを目標にしている。
急速な開発が求められたことから、新技術の導入は避け、実証済みの技術で構成し、開発期間の短縮とリスクを軽減する計画とされている。

chancellorsville.jpg
CG-62 USS Chancellorsville

要目

スペックデータ
艦級タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦(イージス艦
主造船所インガルズ造船所
(CG-47〜50・CG-52〜57・CG-59・CG-62・CG-65〜66・CG-68〜69・
CG-71〜73)
バス鉄工所(CG-51・CG-58・CG-60〜61・CG-63〜64・CG-67・CG-70)
全長172.8m
全幅16.8m
吃水9.5m
排水量
基準/満載*5
7,652t-/9,407-9,590t
機関COGAG方式
GE LM2500ガスタービン×4基(出力20,000hp)
可変ピッチ・プロペラ×2軸
機関出力80,000hp
速力30kt+
航続距離6,000海里(20kt)/3,300海里(30kt)
乗員358名/312名(CG-48)
兵装Mk.45 54口径5インチ単装速射砲×2基(AMOD改修後は62口径)
ベースライン0/1:Mk.26 mod5"GMLS*6" 連装ミサイル発射機×2基
SM-2アスロックを装備(弾庫容量44発))
ベースライン2以降:Mk.41 mod.0 VLS×2基61セル
SM-2SM-3ESSMVLAトマホークを装備)
Mk.141 4連装SSM発射筒×2基(ハープーンを装備)
Mk.32 3連装324mm短魚雷発射管×2組
Mk.15 20mmCIWS×2門
Mk.38?"MGS" 25mm単装機銃×2門(CG-52〜)
M2 12.7mm単装機銃×4基
艦載機SH-2F/SH-60B LAMPS対潜ヘリコプター×2機
C4IシステムUSQ-119 GCCS*7-M
NTDS*8 mod.4/5 (リンク 4A/11/14/16
AWS*9Mk.7
AN/SQQ-89(V)3 ASWCS*10
Mk.37 TWS*11
FCSMk.86 mod.9→Mk.160×1基(5インチ砲用)
Mk.99 ミサイルFCS×4基(SM-2用)
AN/SWG-3A TWCS(BGM-109用)
AN/SWG-1A HSCLCS(RGM-84用)
Mk.116 水中FCS(VLA、短魚雷用)
レーダーAN/SPY-1A/B 多機能レーダー×4面1基
AN/SPS-49 対空捜索用レーダー×1基※後日改修により撤去
AN/SPS-55 対水上捜索用レーダー×1基
AN/SPG-62 SAM射撃指揮用レーダー×4基(Mk.99のサブシステム)
AN/SPQ-9B 目標捕捉/砲射撃指揮用レーダー×1基(Mk.86のサブシステム)
ソナーSQS-53B/C/D 艦首装備式ソナー×1基
AN/SQR-19 TACTAS 曳航式ソナー×1基
電子戦
・対抗装備
AN/SLQ-32(v)3 電波探知妨害装置
AN/SLQ-25「ニクシー」対魚雷装置
Mk.36 SRBOC チャフフレア展開装置(Mk.137 6連装デコイ発射機×8基)
AN/SLQ-69デコイ装置×4基


同型艦

ベースライン0
艦番号艦名起工進水就役退役
CG-47タイコンデロガ
(USS Ticonderoga)
1980.1.211981.4.251983.1.222004.9.30
CG-48ヨークタウン
(USS Yorktown)
1981.10.191983.1.171984.7.42004.12.3
ベースライン1
艦番号艦名起工進水就役退役
CG-49ヴィンセンス
(USS Vincennes)
1982.10.191984.1.141985.6.32005.6.29
CG-50ヴァリー・フォージ
(USS Varrey Forge)
1983.4.141984.6.231986.1.182004.8.30
CG-51トーマス・S・ゲイツ
(USS Thomas S.
Gates)
1984.8.311985.12.141987.8.222005.12.14
ベースライン2
艦番号艦名起工進水就役母港
CG-52バンカー・ヒル
(USS Bunker Hill)
1984.1.111985.3.111986.9.20サンディエゴ
海軍基地
カリフォルニア州
CG-53モービル・ベイ
(USS Mobile Bay)
1984.6.61985.8.221987.2.21
CG-54アンティータム
(USS Antietam)
1984.11.151986.2.141987.6.6横須賀海軍施設
日本・神奈川県
CG-55レイテ・ガルフ
(USS Leyte Gulf)
1985.3.181986.6.201987.9.26ノーフォーク
海軍基地
バージニア州
CG-56サン・ジャシント
(USS Sanjacint)
1985.7.241986.11.141988.1.23
CG-57レイク・シャンプレイン
(USS Lake Champlain)
1986.3.31987.4.31988.8.12サンディエゴ
海軍基地
カリフォルニア州
CG-58フィリピン・シー
(USS Philippine Sea)
1986.4.81987.7.121989.3.18メイポート
海軍補給基地
フロリダ州
ベースライン3
艦番号艦名起工進水就役母港
CG-59プリンストン
(USS Princeton)
1986.10.151987.10.21989.2.11サンディエゴ
海軍基地
カリフォルニア州
CG-60ノーマンディー
(USS Normandy)
1987.4.71988.3.191989.12.9ノーフォーク
海軍基地
バージニア州
CG-61モンテレー
(USS Monterey)
1987.8.191988.10.231990.6.16
CG-62チャンセラーズヴィル
(USS Chancellorsville)
1987.6.241988.7.151989.11.4横須賀海軍施設
日本・神奈川県
CG-63カウペンス
(USS Cowpens)
1987.12.231989.3.111991.3.9サンディエゴ
海軍基地
カリフォルニア州
CG-64ゲティスバーグ
(USS Gettysburg)
1988.8.171989.7.21991.6.2メイポート
海軍補給基地
フロリダ州
ベースライン4
艦番号艦名起工進水就役退役
CG-65チョーシン
(USS Chosin)
1988.7.21989.9.11991.1.12サンディエゴ
海軍基地
カリフォルニア州
CG-66ヒュー・シティ
(USS Hue City)
1989.2.201990.6.11991.9.14メイポート
海軍補給基地
フロリダ州
CG-67シャイロー
(USS Shiloh)
1989.8.11990.9.81992.7.18横須賀海軍施設
日本・神奈川県
CG-68アンツィオ
(USS Anzio)
1989.8.211990.11.21992.2.10ノーフォーク
海軍基地
バージニア州
CG-69ヴィックスバーグ
(USS Vicksburg)
1990.5.301991.9.71992.11.14メイポート
海軍補給基地
フロリダ州
CG-70レイク・エリー
(USS Lake Erie)
1990.3.61991.7.131993.7.24サンディエゴ
海軍基地
カリフォルニア州
CG-71ケープ・セント・ジョージ
(USS Cape St. George)
1990.11.191992.1.101993.6.13
CG-72ヴェラ・ガルフ
(USS Vella Gulf)
1991.4.221992.6.131993.7.12ノーフォーク
海軍基地
バージニア州
CG-73ポート・ロイヤル
(USS Port Royal)
1991.10.181992.11.201994.7.9真珠湾
ハワイ州



*1 該当の機体は水素爆弾ごと水深5,000mあまりの深海に水没し、回収は断念されている。
*2 実戦配備された艦として。イージスシステムの開発に使われた試験艦「ノートン・サウンド」を除く。
*3 この年、「カリフォルニア」級原子力ミサイル巡洋艦が退役したことによる。
*4 現在、駆逐艦とされているズムウォルト級の艦長を大佐職にするために巡洋艦に艦種変更する可能性はある(同級は本級よりも大型(前ド級戦艦並みの満載排水量)で、搭載艦砲が6.1インチ(15.5僉砲任△襦法
*5 建造時期・装備によって異なる。
*6 Guided Missile Launching System.
*7 Global Command and Control System:汎地球指揮統制システム。
*8 Naval Tactical Data System:海軍戦術情報システム。
*9 Aegis Weapon System:イージス武器システム。
*10 ASW Combat System:統合対潜戦システム。
*11 Tomahawk Weapon System:トマホーク武器システム。

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS