【タイコンデロガ】(たいこんでろが)

Ticonderoga
アメリカ合衆国ニューヨーク州の地名。
アメリカ独立戦争時代に要塞戦があったことにちなみ、アメリカ海軍艦艇の名前に複数回使われている。

  1. CV-14 USS Ticonderoga
    エセックス航空母艦の6番艦。
    太平洋戦争中の空母建造ラッシュのなかで建造され、1944年に就役した。
    戦後は一時退役していたが、アングルドデッキを追加するなどして1957年に復帰した。
    1964年のトンキン湾事件において「報復」攻撃をおこない、ベトナム戦争拡大のきっかけとなったことでも知られる。
    1969年に対潜空母(CVS-14)へ艦種変更され、1973年に退役した。

  2. CG47 USS Ticonderoga
    タイコンデロガ級ミサイル巡洋艦の1番艦にして、世界初のイージス艦
    RIM-66を、同時に16機の空中目標へ誘導することができるといわれる。
    スプルーアンス駆逐艦の船体設計にイージスシステムを搭載する形で建造されたため、船体に比べて艦橋などの上部構造物が非常に大きい。
    イージス艦の特徴と思われている垂直発射システムは、初期の5隻には装備されておらず、装備するのは6番艦「バンカーヒル」以降となっている。
    同型艦は27隻にも及んだが、一隻あたりの価格が10億ドルにも達し、今後新造される予定はなく順次退役する。1番艦タイコンデロガは、当初の予定よりも早く、2004年9月30日に退役した。
    今後アメリカ海軍における防空任務の中心は、コストパフォーマンス?重視型イージス艦であるアーレイバーク?級ミサイル駆逐艦へ移ってゆくと予想される。

  • ベースライン0
    • CG47 USS Ticonderoga
    • CG48 USS Yorktown
  • ベースライン1
    • CG49 USS Vincennes
    • CG50 USS Varrey Forge
    • CG51 USS Thomas S Gates
  • ベースライン2
    • CG52 USS Bunker Hill
    • CG53 USS Mobile Bay
    • CG54 USS Antietam
    • CG55 USS Leyte Gulf
    • CG56 USS Sanjacint
    • CG57 USS Lake Champlain
    • CG58 USS Philippine Sea
  • ベースライン3
    • CG59 USS Princeton
    • CG60 USS Normandy
    • CG61 USS Monterey
    • CG62 USS Chancellorsville
    • CG63 USS Cowpens
    • CG64 USS Gettysburg
  • ベースライン4
    • CG65 USS Chosin
    • CG66 USS Hue City
    • CG67 USS Shiloh
    • CG68 USS Anzio
    • CG69 USS Vicksburg
    • CG70 USS Lake Erie
    • CG71 USS Cape St. George
    • CG72 USS Vella Gulf
    • CG73 USS Port Royal

トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS