• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(そーどふぃっしゅ){【ソードフィッシュ】}; [#gb00ba7a]
Fairey Swordfish((英語でメカジキを意味する。)).~
英海軍の艦上[[雷撃機]]。[[第二次世界大戦]]では開戦時から第一線で使用されていた。~
1934年に[[初飛行]]し、1935年に採用された。~
Fairey Swordfish((英語でメカジキの意。)).

1934年に[[初飛行]]し、1935年に採用された英海軍の艦上[[雷撃機]]。~
~
三座で鋼管骨組み・羽布張りのアンティークな[[複葉機]]で、当時の各国主力[[雷撃機]]と比較すると性能が見劣りするのは否めないが、その抜群の操縦性と整備性から、[[パイロット]]達に「ストリングバッグ(何でも入る買い物篭の意。)」と呼ばれた。~
後継として[[バラクーダ]]や[[アベンジャー>アヴェンジャー]]が配備されると、夜間攻撃や[[対潜哨戒>偵察]]任務に使用された。~
~
主な戦歴では「タラント海戦」におけるイタリア艦隊攻撃やドイツ[[戦艦]]「ビスマルク」攻撃などの華々しい活躍をした。~
また、夜間攻撃で[[Uボート>潜水艦]]を撃沈する成果も上げている。~
~
しかし、このような機体が戦争終結まで現役機として生き残れたのも、ヨーロッパでは太平洋戦域のように艦隊航空戦が発達せず、また、英国と敵対していたドイツ海軍が[[航空母艦]]を持っていなかった事や、[[艦隊決戦]]よりもシーレーン防衛を重視した英海軍の[[戦略]]によるところが大きいと考えられる。~
~
三座で鋼管の骨組みに[[布]]張りの[[複葉機]]。~
採用当時の技術水準でもすでに旧式の設計で、[[カタログスペック]]は現役当時の[[雷撃機]]に比して明らかに低い。~
前線では「手下げ袋(string bag)」と揶揄されたが、反面で良好な操縦性・簡易な整備性などの利点も多くあった。~
布張りの構造は穴が開いても大した問題が生じないため意外に生存性も高く、[[高射砲]]で蜂の巣にされた状態のまま帰還した例もある。

[[第二次世界大戦]]の開戦時点では第一線で使用されていた。~
後継として[[バラクーダ]]や[[アベンジャー>アヴェンジャー]]が配備されると、夜間攻撃や[[対潜哨戒>偵察]]任務に転用された。~
旧式で簡易な設計なため[[レーダー]]・[[ロケット弾]]などの新兵器にも柔軟に対応し、[[第二次世界大戦]]が終わるまで海上で活躍し続けた。

>とはいえ、これは大規模な海上航空戦がほとんど発生しなかった欧州戦線の事情に負う所も大きい。~
特に1941年以降の欧州戦線では艦隊戦と呼べるような大規模戦闘はなく、もっぱら小規模な[[通商破壊戦]]に終始していた。

関連:[[MACシップ]]~
~
**スペックデータ [#z5e52257]
|種別|雷撃機|
|製造|フェアリー社&br;ブラックバーン社(1940前半〜)|
|総生産機数|2,396機|
|乗員|2〜3名|
|全長|11.12m|
|全高|3.93m|
|全幅|13.92m|
|翼面積|56.39|
|自重|2,359kg|
|最大重量|4,196kg|
|[[発動機>エンジン]]|ブリストル ペガサスXXX[[空冷>空冷エンジン]]星形9気筒(出力750馬力)×1基|
|最高速度&br;(最高/巡航)|222km/h / 193km/h|
|[[実用上昇限度>上昇限度]]|3,260m|
|[[航続距離]]|1,658km(フェリー時)/880km|
|武装|7.7mm機銃×2挺(前方固定、後方旋回各1門)|
|爆装|下記兵装を最大680kgまで搭載可能。&br;[[航空魚雷]]×1発または爆弾(250lb.・500lb.)×2発、Mk.VII[[爆雷]]&br;60ポンドロケット弾×8発|

**バリエーション [#web68adc]
-TSR.1:~
ペガサスIIMエンジン(出力635hp)を搭載する原型機。~
~
-TSR.2:~
TSR.1を改良型原型機。~
エンジンはペガサスIIIM3(出力775hp)を搭載する。~
~
-Mk.I:~
水上機への転換が可能な量産型。~
~
-Mk.II:~
金属製の防護板を採用し、3インチロケット弾の搭載も可能。~
ペガサスXXXエンジンを搭載。1943年より製造。~
~
-Mk.III:~
ASVレーダーを搭載。~
[[ロケット弾]]も搭載可能。~
~
-Mk.IV:~
Mk.IIまたはMk.IIIの操縦席を密閉型にしたもの。~
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS