• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(すぺい){【スペイ】}; [#h6ee1137]
Rolls-Royce Spey~
Rolls-Royce Spey.~
~
ロールス・ロイスが開発した低バイパス型[[ターボファンエンジン>ターボファン]]。~
1950年代に、BAC1-11やHS121トライデントといった小型[[旅客機]]のために開発された。~
[[バイパス比]]が低いため燃費や静粛性に劣り、高[[バイパス比]]の[[エンジン]]が登場すると[[旅客機]]用としては廃れたが、[[軍用機]]用エンジンとしては多くの機種に採用された。~

また、[[艦艇]]用[[ガスタービン]]版である「マリン・スペイ」も、日本を中心に多数採用されている。~
~
また、[[艦艇]]の[[ガスタービンエンジン>ガスタービン]]に用いられる「マリーン・スペイ」も、日本を中心に多数採用されている。~
軸出力18,770馬力のSM1Aと、26,150馬力のSM1Cが存在する。~

**ブリティッシュ・ファントム [#e26c27c0]
スペイを採用した機種の中で最も象徴的なのは、[[F-4]]のイギリス版であるファントムFG.1/FGR.2であろう。~
本来の[[ターボジェット]]である[[J79]]から載せ替えるため、胴体後部の設計は大きく変更され、もとより太いと言われていた胴体はさらに太くなった。~
特にFG.1はアメリカの「[[ミッドウェイ]]」級よりも小さな英空母「[[アーク・ロイヤル]]」で運用する必要があったため、エンジン換装や前脚緩衝装置の二重化により短い[[カタパルト]]に対応したことに加え、[[レドーム]]を折り畳み式にして[[リフト>エレベーター]]に載せやすくする措置が採られた。~
特にFG.1はアメリカの「[[ミッドウェイ]]」級よりも小さな空母「[[アーク・ロイヤル>イーグル]]」で運用する必要があったため、エンジン換装や前脚緩衝装置の二重化により短い[[カタパルト]]に対応したことに加え、[[レドーム]]を折り畳み式にして[[リフト>エレベーター]]に載せやすくする措置が採られた。~
~
[[ターボファン]]化により最高速度や[[上昇限度]]が低下したため性能低下と揶揄されることもあるが、一方で燃費効率や加速性能は向上しているため、性能については一概に言えない。~
実際に最大の問題であったのは、オリジナルの約2倍と言われる[[機体コストの高騰>金の壁]]であろう。~

[[ターボファン]]化により最高速度や[[上昇限度]]が低下したため性能低下と揶揄されることもあるが、一方で燃費効率や加速性能は向上しているため、性能については一概に言えない。~
実際に最大の問題であったのは、オリジナルの約2倍と言われる機体コストの高騰であろう。~
**スペックデータ(RB.168 Mk.202) [#w775a683]
|形式|低バイパスターボファン|
|製造社|[[ロールス・ロイス]]|
|全長|5204.4mm|
|ファン直径|1092.2mm|
|重量|1,856kg|
|[[推力]]|54kN/91.2kN([[リヒート>アフターバーナー]]使用時)|

**採用機種 [#w775a683]

***民間機 [#u8e73d8a]
-BAC1-11:RB.163 Mk.506/511/512DW
-HS121:RB.163 Mk.512
-ガルフストリームII/III:RB.163 Mk.511-8
-フォッカーF28:RB.183 Mk.155-15/15P((スペイ・ジュニア。ロールス・ロイス [[テイ]]の原型。))
-[[ガルフストリーム]]/[[>ガルフストリーム]]:RB.163 Mk.511-8
-[[フォッカーF28]]:RB.183 Mk.155-15/15P((スペイ・ジュニア。ロールス・ロイス [[テイ]]の原型。))

***軍用機 [#z57b16ab]
-[[ブラックバーン バッカニアS.2/S.50>バッカニア]]:RB.168 Mk.101
-ホーカー・シドレー ニムロッド:RB.168 Mk.250
-ホーカー・シドレー [[ニムロッド>ニムロッド(哨戒機)]]:RB.168 Mk.250
-[[マクダネル・ダグラス ファントムFG.1/FGR.2>F-4]]:RB.168 Mk.202/203/204(([[リヒート>アフターバーナー]]を装備。))

-ガルフストリームC-20((ガルフストリームIIIの[[米空軍>アメリカ空軍]]型。)):F113-RR-100
-ガルフストリームC-20(([[ガルフストリーム]]の[[米空軍>アメリカ空軍]]型。)):F113-RR-100
-[[LTV A-7D/E>A-7]]:TF41-A-1/2((アリソン(現在はロールス・ロイスに吸収)による[[ライセンス生産]]。))
-[[AMXインターナショナル AMX>AMX]]:RB.168 Mk.807((フィアット・アビオ(現アビオ)による[[ライセンス生産]]。))
-[[西安飛機工業公司 殲轟7>殲轟7]]:RB.168 Mk.202/渦扇9(([[リヒート>アフターバーナー]]を装備。後者はMk.202の[[ライセンス生産]]版。))

***艦艇(マリン・スペイ) [#w3bf02aa]
-日本
--あさぎり型[[汎用護衛艦>護衛艦]]: SM1A、4基2軸COGAG
--[[あぶくま型>あぶくま]][[地方隊用護衛艦>護衛艦]]: SM1A、2基2軸CODOG
--[[むらさめ型>むらさめ]][[汎用護衛艦>護衛艦]](2代目): SM1C、4基2軸COGAG((1軸あたりSM1C 1基と、LM2500 1基の混用。))
--[[たかなみ型>たかなみ]][[汎用護衛艦>護衛艦]]: SM1C、4基2軸COGAG((1軸あたりSM1C 1基と、LM2500 1基の混用。))
--[[あきづき型>秋月]][[汎用護衛艦>護衛艦]](2代目): SM1C、4基2軸COGAG
--ましゅう型補給艦: SM1C、2基2軸COGAG
***艦艇(マリーン・スペイ) [#w3bf02aa]
-日本(([[川崎重工業]]による[[ライセンス生産]]。))
--[[あさぎり型>あさぎり]][[汎用護衛艦>護衛艦]]:SM1A、4基2軸COGAG
--[[あぶくま型>あぶくま]][[地方隊用護衛艦>護衛艦]]:SM1A、2基2軸CODOG
--[[はたかぜ型>はたかぜ]][[ミサイル護衛艦>護衛艦]]:SM1A、2基2軸COGAG((1軸あたりSM1A 1基と、オリンパスTM3B 1基の混用。))
--[[むらさめ型>むらさめ]][[汎用護衛艦>護衛艦]](2代目):SM1C、4基2軸COGAG((1軸あたりSM1C 1基と、LM2500 1基の混用。))
--[[たかなみ型>たかなみ]][[汎用護衛艦>護衛艦]]:SM1C、4基2軸COGAG((1軸あたりSM1C 1基と、LM2500 1基の混用。))
--[[あきづき型>秋月]][[汎用護衛艦>護衛艦]](2代目):SM1C、4基2軸COGAG
--ましゅう型補給艦:SM1C、2基2軸COGAG

-イギリス
--23型(デューク級)フリゲート:SM1A、2基2軸CODLAG
--23型(デューク級)フリゲート:SM1A、2基2軸CODLAG

-オランダ
--カレル・ドールマン級フリゲート: SM1A、2基2軸CODOG
--デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲート: SM1C、2基2軸CODOG
--カレル・ドールマン級フリゲート:SM1A、2基2軸CODOG
--デ・ゼーヴェン・プロヴィンシェン級フリゲート:SM1C、2基2軸CODOG
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS