• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(すぺーすでぶり){【スペースデブリ】}; [#ed085ab8]
Space Deblis.(宇宙ゴミ)~
~
地球の周回軌道を回っている[[人工衛星]]のうち、何らかの意味ある活動を行っていない物体。~
宇宙開発に伴って必然的に発生するもので、その進展に伴って年々数が増えている。~
~
一例として、以下のようなものが該当する。~
-故障したか[[運用寿命]]が尽きて、地上との交信が途絶えた[[人工衛星]]((現存する最古のスペースデブリは、1958年3月に[[アメリカ海軍]]が打ち上げた[[人工衛星]]「ヴァンガード1号」。&BR;  旧ソ連の「スプートニク1号」、[[アメリカ陸軍]][[弾道ミサイル]]局の「エクスプローラー1号」など、これ以前の人工衛星は既に焼滅している。))~
-[[人工衛星]]や[[宇宙船]]・[[宇宙探査機>オービター]]を打ち上げる際に分離された[[ロケット>ロケットエンジン]]の部品や燃え残った[[推進剤>燃料]]~
-デブリ同士の衝突(ブレークアップ)によって砕けた破片
-デブリ同士の衝突によって砕けた破片
-[[宇宙船]]・[[人工衛星]]・宇宙ステーションから誤って宇宙に放出された廃棄物((早期に落下して燃え尽きるように軌道を計算して廃棄されているが、ミスは起こり得る。))
--宇宙飛行士が船外作業中に誤って落とした手袋や工具・部品
--(誤った手順によって排出されてしまった)宇宙飛行士の排泄物
--船外作業中に遺失した装備・工具・部品類
--宇宙飛行士の排泄物((大便の機外排出は主に技術的理由から行われていないが、アポロ計画ごろまで小便は真空中に放出されていた。))。

デブリは、秒速1,000m以上という極めて速い[[対地速度]]で衛星軌道上を移動しており、微細なデブリでも強大な[[破壊力>デストラクションパワー]]を持っている。~
デブリの[[対地速度]]はしばしば秒速1,000mを越えるため、微細なデブリでも強大な[[破壊力>デストラクションパワー]]を持っている。~
衝突すれば直径数ミリでも[[人工衛星]]の機能に障害を及ぼし、1cm以上であれば一撃で[[宇宙船]]を破壊し得る。~
しかも、個々のデブリが全く異なる軌道で動いている上、あるデブリに別のデブリが衝突し、細かく破砕されて新たなデブリが生まれる場合もままあるため、回収・制御・回避のいずれも非常に難しい。~
また、デブリは個々に周回軌道が異なり、衝突や[[ニアミス]]での相互干渉も起こるため、回収・制御・回避のいずれも非常に難しい。~
~
ほとんどのデブリは、あらかじめ地球に落ちる((もちろん燃え残る事が予想されるエンジン部などは、海上へ落ちるように配慮されている。))ように計算された軌道に乗せられ、[[重力]]に引かれて高速のまま大気圏内に突入し、[[熱の壁]]で跡形なく燃え尽きる結末を辿る。~
しかし、中には隕石のように形を保ったまま落下して地上に衝突する事もある((統計によると、毎年100個以上1000個以下のデブリがこうして地上に衝突している。))。~
>静止衛星については再突入させることが難しいため、静止軌道よりも高い「墓場軌道」に乗せることが普通。

デブリになり得る廃棄物は地球に落ちる軌道に乗せて大気圏再突入させて処分するのが一般的。~
大抵の物体は[[熱の壁]]で跡形なく燃尽するが、[[エンジン]]などは燃え残って地表に激突する可能性が残る。~
このため、可能であれば海上へ落ちるよう計算して投棄される。~
統計によると、毎年100個以上1,000個以下のデブリが地上に衝突しているという。~
~
静止衛星は再突入が困難なため、静止軌道よりも数百km高い「墓場軌道」に乗せて廃棄する。~
ただし、墓場軌道への移動には通常稼働3ヶ月分の燃料と正確な姿勢制御が必要で、成功率は40%に満たない。~
~
スペースデブリ問題は各国の宇宙開発にとって重大な支障であり、対策が急がれている。~
比較的大きなデブリに関しては世界共通のデータベースが構築され、常時監視が続けられている。~
また、[[人工衛星]]とデブリとの[[ニアミス]]などの異常事態では関係諸機関に警報が出されている。~
とはいえ、監視されていない軌道不明の危険なデブリも無数に存在するのが実情である。~
~
関連:[[スペースガード]] [[ケスラーシンドローム]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS