• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(しゅぺるぴゅーま){【シュペルピューマ】}; [#k6207be8]
Aerospatiale AS332 Super Puma~
フランスのアエロスパシアル社(現[[ユーロコプター]])が開発した[[ターボシャフト]]双発の汎用[[ヘリコプター]]。~
Aerospatiale AS332(Airbus Helicopters H225) Super Puma.~
フランスのアエロスパシアル社(現[[エアバス・ヘリコプターズ]])が開発した[[ターボシャフト]][[双発>双発機]]の汎用[[ヘリコプター]]。~
~
傑作大型機の[[ピューマ]]を改良したもので、[[エンジン]]や駆動系を改良し、出力や燃費を大幅に改善した。~
また、テイルブーム下部に[[ベントラルフィン]]を追加し、[[ランディングギア]]を改良することによって安定性を確保した。~
[[ピューマ]]の後継として、軍民問わず多くのセールスを獲得している。~
~
日本でも警視庁・大阪府警や東京消防庁に採用された他、要人輸送用の政府専用機として3機が((AS332Lが総理府付で導入されたが、後に[[陸上自衛隊]]第1ヘリコプター団へ移管、さらに現在は老朽化のためEC225LPへ更新された))、また[[海上保安庁]]でも[[捜索救難]]機や大型巡視船「[[しきしま]]」の搭載機(AS332L1)、[[特殊警備隊>SST]]用機(EC225LP)などとして運用されている。~
日本でも警視庁・大阪府警や東京消防庁、国土交通省東北地方整備局に採用された他、要人輸送用の[[政府専用機]]として[[陸上自衛隊]]にAS332Lが3機((これは1980年代、世界的に問題となった日本の「対外貿易黒字」削減策のひとつでもあった。[[B747-47C]]の項も参照。))((当初は総理府の所有とされて「JA9629」〜「JA9631」の[[機体番号>機体記号]]が与えられ、総理府に技官待遇で出向した[[陸上自衛官>自衛官]]により運用されていた。))、その老朽代替としてEC225LPが4機((2011年3月の東日本大震災で、仙台で整備中だった1機([[機体番号>機体記号]]01022)が津波に被災して除籍され、2015年に代替の1機が納入されて3機で運用されている。))導入され、また、[[海上保安庁]]でも[[捜索救難]]機や大型巡視船「[[しきしま]]」の搭載機(AS332L1)、[[特殊警備隊>海上保安庁特殊警備隊]]用機(EC225LP)などとして運用されている。~
~
なお、軍用型には後に「AS532 &ruby(クーガー){Cougar};」という別名称が与えられている。~
なお、軍用型には後に「AS532『[[クーガー]]』」という別名称が与えられている。~
~
#ref(http://www4.plala.or.jp/klesa108/diary/20081005/ec225lp_lowpass.jpg,512x384);
EC225LP 政府専用機~
~
**スペックデータ [#mc338ba8]
|>|CENTER:''AS332L1''|
|乗員|2名|
|乗客|最大24名|
|全長|16.79m(胴体)/18.7m[[主ローター>メインローター]]回転時)|
|[[主回転翼>メインローター]]直径|16.2m|
|全高|4.97m|
|円盤面積|206.12|
|自重|4,660kg|
|有用重量|4,490kg|
|最大離陸重量|9,150kg|
|[[エンジン]]|チュルボメカ マキラ1A2[[ターボシャフト]]×2基(出力1,845shp(1,376kW))|
|超過禁止速度|327km/h|
|最高速度|277km/h(最大巡航)|
|[[巡航速度]]|247km/h|
|[[航続距離]]|851km|
|[[実用上昇高度>上昇限度]]|5,180m|
|[[上昇率]]|7.4m/s|
~
|タイプ|CENTER:''EC225''|CENTER:''EC725「カラカル」''|
|乗員|CENTER:2名|CENTER:1または2名|
|容量|CENTER:乗員24名+キャビンアテンダント1名|CENTER:兵員28名&br;または&br;[[ペイロード]]5,680kg|
|全長|>|CENTER:19.5m|
|全高|CENTER:4.97m|CENTER:4.6m|
|主ローター直径|>|CENTER:16.2m|
|円板面積|CENTER:206.15|CENTER:206.1|
|空虚重量|CENTER:5,256kg|CENTER:5,330kg|
|総重量|>|CENTER:11,000kg|
|最大離陸重量|>|CENTER:11,200kg|
|[[発動機>エンジン]]|>|CENTER:[[ターボシャフト]]×2基|
|~|CENTER:チュルボメカ&br;マキラ1A1&br;(出力2,382hp(1,776kW))|CENTER:チュルボメカ&br;マキラ2A1&br;(出力2,382hp(1,776kW))|
|超過禁止速度|>|CENTER:324km/h|
|最大速度|CENTER:275.5km/h|CENTER:324km/h|
|[[巡航速度]]|CENTER:260.5km/h|CENTER:285km/h|
|[[航続距離]]|>|CENTER:857km|
|[[フェリー>回航]]航続距離|CENTER:985km|CENTER:1,325km|
|[[上昇限度]]|CENTER:5,900m|CENTER:6,095m|
|[[上昇率]]|CENTER:8.7m/s|CENTER:7.4m/s|


**主な派生型(民間型(シュペルピューマ))[#bf434a2b]
-AS331:マキラエンジンを採用した試作型、原型機。
-AS332C:初期型。19座席で[[キャビン]]容量は[[ピューマ]]と同程度。
-AS332L:332Cの[[キャビン]]を76cm延長し、燃料搭載量を増やした長胴型。
-AS332L1:332Lの[[エンジン]]を強化した機体。[[海上保安庁]]では4機保有し、それぞれ「わかたか」「うみわし」「わかわし1号・2号」の愛称がつけられている。
-AS332L2:[[ローター]]、駆動系、[[アビオニクス]]に大幅な改良を施した型。愛称はシュペルピューマmk2。
-EC225:725の民間型。愛称はシュペルピューマmk2+。海上保安庁では[[特殊警備隊>SST]]用に2機保有している。

-AS331:~
マキラエンジンを採用した試作型原型機。~
~
-AS332C:~
初期型。エンジンはチュルボメカ マキラ1Aを搭載。~
19座席で[[キャビン]]容量は[[ピューマ]]と同程度。~
~
-AS332C1:~
エンジンを改良型のチュルボメカ マキラ1A1に変更した型。~
~
-AS332L:~
332Cの[[キャビン]]を76cm延長し、燃料搭載量を増やした長胴型。~
~
-AS332L1:~
332Lの[[エンジン]]をC1と同じエンジンに変更した型。~
[[海上保安庁]]では3機((以前は4機保有していたが、東日本大震災による津波で「わかたか」が被災し登録抹消。))保有し、それぞれ「うみわし」「わかわし1号・2号」の愛称がつけられている。~
~
-AS332L2「シュペルピューマMk供廖~
[[ローター]]、駆動系、[[アビオニクス]]に大幅な改良を施した型。~
エンジンはチュルボメカ マキラ1A2を搭載。~
~
-EC225「シュペルピューマMk+」:~
332L2の発展型。~
エンジンは二重チャンネル[[FADEC]]と防氷装置を備えるチュルボメカ マキラ2Aを搭載。~
[[コックピット]]は[[グラスコックピット]]化され、[[メインローター]]やギアボックスの強化などの改良が施されている。~
海上保安庁では[[特殊警備隊>海上保安庁特殊警備隊]]用に2機導入し、また、[[陸上自衛隊]]でも332Lの後継として採用している。~
[[エアバス・ヘリコプターズ]]への改編に伴い、商品名が「H225」に改められている。~
~
-EC225 Firefighting/SAR:~
消防機型。~
消火装備、[[FLIR]]、全天候型[[レーダー]]、捜索救助装備を備える。~
~
**主な派生型(軍用型(クーガー))[#mbe0d2fa]
-AS532UC: 332Cベースの[[兵站]]輸送型。旧称AS332B。
-AS532AC: 532UCをベースに[[機関砲]]や[[ロケット弾]]を搭載した[[ガンシップ]]型。
-AS532UL: 532UCの[[キャビン]]を76cm延長した長胴型。旧称AS332M。
-AS532AL: 532ULに自衛用の武装を追加した型。
-AS532SC: 対艦・[[対潜型>対潜ヘリコプター]]。[[エグゾセ]]、AS15TT、[[レーダー]]、ソノブイ、[[MAD>磁気捜索装置]]などを搭載可能。旧称AS332F。
-AS532A2: 332L2をベースにした[[戦闘捜索救難]]型。愛称はクーガーmk2。
-EC725: 532A2に更なる改良を施した型。愛称はクーガーmk2+。
-AS532UC:~
332Cベースの[[兵站]]輸送型。旧称AS332B。~
~
-AS532AC:~
532UCをベースに[[機関砲]]や[[ロケット弾]]を搭載した[[ガンシップ]]型。~
~
-AS532UL:~
532UCの[[キャビン]]を76cm延長した長胴型。旧称AS332M1。~
~
-AS532AL:~
532ULに自衛用の武装を追加した型。~
~
-AS532SC:~
対艦・[[対潜型>対潜ヘリコプター]]。旧称AS332F。~
[[エグゾセ]][[SSM>対艦ミサイル]]、AS15TT、[[レーダー]]、[[ソノブイ]]、[[MAD>磁気捜索装置]]などを搭載可能。~
~
-AS532A2「クーガーMk供廖~
332L2をベースにした[[戦闘捜索救難]]型。~
~
-EC725「カラカル/シュペルクーガー」:~
532A2に更なる改良を施した発展型。~
[[戦闘捜索救難]]任務に対応するため、自衛用の[[FN MAG>MAG]][[機関銃]]2丁、[[レーダー警戒受信機]]、[[チャフ]]・[[フレア]]ディスペンサーを搭載するほか、攻撃用兵装として[[ガンポッド]]や[[ロケット弾]][[ポッド]]を機体側面に装備できる。~
フランス空軍では戦闘捜索救難機、フランス陸軍では特殊作戦機として採用されている。~
民間型のEC225と同様、エアバス・ヘリコプターズへの改編に伴って商品名が「H225M」と改められている。~
~

#ref(http://www4.plala.or.jp/klesa108/diary/20081005/ec225lp_lowpass.jpg,512x384);
EC225LP 政府専用機


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS