• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(げりら){【ゲリラ】}; [#bb8547b1]
ゲリラとは一般的に[[不正規兵>民兵]]による遊撃的な[[戦闘]]またはそれを行う戦闘部隊を指す。 
guerilla (スペイン語で「小さな戦争」の意)

語源は「小さな戦争」を意味するスペイン語から来ており、同任務を行う正規兵は「ゲリラ・コマンド」と呼んで区別する。「[[パルチザン]]」とも言うがこちらはイタリア語が語源。
小規模な[[部隊]]による[[遊撃]]的な[[奇襲]]、およびそれを行う[[部隊]]。~
「[[民兵]]や[[非合法戦闘員]]が行うもの」という含意があり、[[軍隊]]の正規[[戦闘員]]が行う場合は「ゲリラ・コマンド」と呼んで区別する。~
「[[パルチザン]]」とも言うが、こちらはイタリア語が語源。~
~
関連:[[ゲリラ戦]]

ゲリラ戦はあらかじめ攻撃する敵を定めず、戦線外において小規模部隊を運用し、臨機に奇襲、待ち伏せ、後方支援の破壊などのかく乱や攻撃を行う戦法またはその戦法が用いられた戦闘を指す。
**日本語における使われ方 [#u1d9bf4c]
日本語でゲリラと称する場合、[[テロリズム]]の同義語として使われる事が多い。~
これは20世紀後半の米ソ[[冷戦]]期、「新左翼」を自称していた日本の[[テロ組織>テロリスト]]が自身の犯罪計画を「ゲリラ闘争」と称したためである。~
この場合、施設の放火や爆破、[[暗殺]]など、政治的意図による凶悪犯罪を指して「ゲリラ」と呼ぶ。~

**ゲリラ闘争 [#t1505d20]
日本における新左翼の闘争形態のことで非合法な[[テロ活動>テロリズム]]である。
> 例えば、[[オウム真理教]]が行った[[地下鉄サリン事件]]などは日本における典型的なゲリラである。

'70年代に入り、新左翼活動は行き詰まりを示す中、デモや暴動と言った大衆闘争にとどまらず、施設の放火や爆破、個人に対する殺傷などのテロ活動いわゆる「''ゲリラ闘争''」も手がけるようになった。
日本警察では政治的意図での器物損壊を「ゲリラ」、[[暗殺]]を「テロ」、両者の複合を「テロ・ゲリラ」として分類している。~
~
また、これらとは別に、その突発性・不定期性・短時間に大きな結果がもたらされる性質などをあらわす代名詞としても用いられている。~
用例には「〜ライブ」「〜豪雨」「フォークソング〜」などがある。

'90年代までは[[成田闘争]]や反皇室に絡んだゲリラ事件が多発していたものの、新左翼の退潮や組織の温存のために大衆闘争に回帰している。

日本警察では施設などに対する対物テロを「ゲリラ」、個人に対する対人テロを「テロ」と区分している。~
事件の中にはどちらも該当するか区別しがたい事件が起こる場合もあるが、これは「テロ・ゲリラ」と一括して取り扱っている。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS