【ガルフストリーム后(がるふすとりーむふぁいぶ)

Gulfstream V.

アメリカのガルフストリーム社が、1990年代に開発・生産した双発ビジネスジェット機
前作のガルフストリームをベースに、大型化した形で開発された。

胴体の基本構造は前作のガルフストリームと同じであるが、全長・主翼構造とも見直され、拡大されている。
基本形状は変わらず、後退角のついた低翼で、主翼端にはウィングレットがつけられている。
エンジンは左右に一基づつ配置され、T尾翼を有する。

航続距離は大幅に伸び、10,000km以上に達するため、交代要員用の設備も備えている。

優秀な航続性能を誇るため、民間向けのVIP輸送機だけでなく、政府機関においても重用されている。
アメリカでは「C-37A」として空軍海兵隊で用いられている他、沿岸警備隊やFEMA(連邦緊急事態管理庁)などでもVIP輸送機として活躍している。
日本では海上保安庁が2機を採用している。


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS