• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(うぇぽんずふりー){【ウェポンズフリー】}; [#ib146ae0]
Weapons free(兵装使用自由).~
[[軍隊]]や[[司法警察]]における[[交戦規定]]の基本的な種別のひとつで「脅威、もしくは目標に対し自己の判断で兵装を使用して良い」という意味。~
~
基本的に、事前に決められた[[作戦]]計画に則って攻撃を行う場合に発動されるもので、この規定が適用された状況では、隊員は指揮官の許可を得ることなく、(事前に定められた判断基準に則って)所持・搭載している兵装を使用することが許される。~
[[軍隊]]や法執行機関における[[交戦規定]]上の区分。~
組織ごとに差異はあるが、概ね「脅威や目標に対し、各自の判断で自由に兵装を使用して良い」の意。~
~
しかし、この場合でも事後の交戦報告は必須であり、また、隊員が事実誤認を犯し、その結果として発生した意図せぬ状況([[誤射・誤爆>誤射]])については、後日、刑事裁判や[[軍法会議]]で審理の対象となることもある。
基本的に、事前に決められた[[作戦]]計画に則って攻撃を行う場合に発動される。~
何が脅威で何が目標なのかが事前に周知徹底され、誤解の余地がないという期待の上で発動される。~
とはいえ多くの兵士が集合すれば期待を裏切るものもあるし、[[誤射]]に繋がる不測の事態も起こりえる。~
~
なお、「自由」とは[[作戦]]上必要な判断を行う自由であり、勝手に人を殺す権利を意味しない。~
事後に交戦報告を行う義務が課され、事実誤認や不適切な決断については[[軍法会議]]の対象となる。~
ただし、処分が下るとしても能力への疑義によるもの((「[[戦争神経症]]が疑われるので[[後送]]」「技量が不十分なので再訓練」といった類。))が大半で、個人の法的責任が問われる事は多くない。~
>[[階級]]上の権力を以て攻撃を命じたなら、その結果に対する法的責任は指揮官に帰する。~
指揮官が与えられた職務に対して忠実であったなら、指揮官の法的責任はより上位の指揮官に帰する。~
[[軍隊]]の最高指揮官が国家政府の総意に従っていれば、法的責任は国家そのものに帰せられる。~
指揮系統上のどこかで意図的な背任が行われない限り、個々の軍人の罪状が問われるべきではない。

関連:[[文民統制]]


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS