• 追加された行はこの色です。
  • 削除された行はこの色です。
*&ruby(いんびんしぶる){【インビンシブル】}; [#e2fb8244]
Invincible.~
~
「無敵」を意味する単語。~
「無敵」を意味する英単語。~
英[[米海軍>アメリカ海軍]]の艦船名として数度にわたって使われている。~
~
+フランスから[[鹵獲]]した74門[[戦列艦]]。~
旧艦名"L'Invincible".~
~
+18世紀に建造された「ラミリーズ」級3等[[戦列艦]]の4番艦。~
1765年進水、1801年遭難沈没。~
~
+19世紀に建造された「ガンジス」級3等[[戦列艦]]の4番艦。~
1808年進水、1861年除籍解体。~
~
+19世紀後半に建造された「ウォーリア」級装甲艦の一艦。~
建造中に「ブラック・プリンス」と改名されて就役した。~
~
+「オーダシアス」級装甲艦の一艦。~
1904年に港湾防備艦「エレバス」、1906年に「フィッシュガード供廚伐称され、1914年に座礁事故により沈没した。~
~
+20世紀初頭に建造された[[巡洋戦艦]]。~
[[巡洋戦艦]]としては世界初の艦でもあった。~
[[第一次世界大戦]]中の1916年、ユトランド沖海戦に参戦して戦没。~
同型艦には「インドミタブル」「インフレキシブル」がある。~
[[巡洋戦艦]]としては世界初の艦でもあった((当初は[[装甲巡洋艦>巡洋艦]]に分類され、''弩級装甲巡洋艦''と言うべき艦であった。))。~
[[第一次世界大戦]]中の1916年、ユトランド沖海戦に参戦するが、独「[[デアフリンガー]]」級巡洋戦艦「リュッツオウ(SMS Lützow)」の砲撃により戦没。~
~
+1970年代に建造された[[STOVL空母]]。~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|[[常備排水量>排水量]]|17,290t〜17,420t|
|全長|172.8m|
|全幅|22.1m|
|喫水|8.0m|
|機関|ヤーロウ式石炭重油混焼水管缶×31基&br;(インドミダブルはパブコック&ウィルコックス式)&br;パーソンズ式二軸並列型[[直結タービン>蒸気タービン]]×2基4軸推進(41,000hp)|
|[[燃料]]|石炭:3,805t&br;重油:710〜725t|
|最大速力|25.5[[ノット]]|
|[[航続距離]]|3,090[[海里]]/10ノット|
|乗員|784名|
|兵装|Mark X 45口径30.5cm連装砲×4基&br;Mark III 45口径10.2cm単装速射砲×16基&br;マキシム機関銃×7基&br;45cm水中魚雷単装発射管×5門|
|[[装甲]]|舷側:152mm&br;甲板:64mm&br;バーベット:178mm&br;[[砲塔]]前楯:178mm&br;司令塔:254mm|
~
|>|>|>|>|>|>|CENTER:''同型艦''|
|艦名|主造船所|起工|進水|就役|退役|備考|
|インヴィンシブル&br;(HMS Invincible)|アームストロング社|1906.4.2|1907.4.13|1908.3.20|-|1916.5.31&br;[[ユトランド沖海戦]]で戦没|
|インドミタブル&br;(HMS Indomitable)|フェアフィールド社|1906.3.1|1907.3.16|1908.6.25|1920.|1922.解体|
|インフレキシブル&br;(HMS Inflexible)|ジョン・ブラウン&br;造船所|1906.2.5|1907.6.26|1908.10.20|1920.3.31|1923.&br;ドイツにて解体|
~
+1960年代、英海軍で計画されていた艦隊空母「[[CVA-01]]」に予定されていた艦名。~
1966年キャンセル。~
~
+1970年代に建造された[[軽空母]]。~
[[V/STOL]][[戦闘攻撃機]]・[[シーハリアー]]を搭載・運用する、世界初の[[V/STOL空母]]として竣工した。~
詳細は[[該当項目>インビンシブル(空母)]]を参照。~
~
+USNS Invincible(T-AGM-24)~
+USNS Invincible(T-AGM-24)~
[[アメリカ海軍]]が運用するミサイル追跡艦。~
艦の後部に「コブラ・ジェミニ」レーダー((システムの運用は[[アメリカ空軍]]の要員が行っている。))を搭載し、[[弾道ミサイル]]や宇宙ロケットの軌道監視を任務とする。
艦の後部に「コブラ・ジェミニ」デュアルバンド[[レーダー]]((システムの運用は[[アメリカ空軍]]の要員が行っている。))を搭載し、[[弾道ミサイル]]や宇宙[[ロケット]]の軌道監視を任務とする。~
当初は「ストルワート」級[[音響測定艦]]の10番艦(AGOS-10)として1987年に就役し、曳航式[[ソナー]]を搭載して[[潜水艦]]の発する海中騒音の測定任務についていたが、1995年にいったん退役、[[モスボール]]されていた。~
その後、1999年にミサイル追跡艦に改装されて現役復帰となった。~
~
|>|CENTER:''スペックデータ''|
|起工|1986.5.2|
|進水|1986.11.8|
|就役|1987.1.30|
|主造船所|タコマ・ボート・ビルディング|
|[[排水量]]&br;([[基準>基準排水量]]/[[満載>満載排水量]])|1,565t/2,285t|
|全長|68.3m|
|全幅|13.1m|
|喫水|4.57m|
|機関|ディーゼルエレクトリック方式(出力1,600hp)&br;[[ディーゼルエンジン]]×4基&br;モーター×2基|
|最大速度|11ノット|
|兵員|士官・兵員20名、民間技術者18名|
~


トップ 新規 一覧 単語検索 最終更新ヘルプ   最終更新のRSS